ジェイ・B・バーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェイ・B・バーニー(Jay B. Barney、1954年10月8日-)はアメリカ合衆国経営学教授経営戦略論の分野で経営資源に基づく競合優位性 の理論(リソース・ベースド・ビュー)に貢献したことでよく知られている。

来歴[編集]

ジェイ・バーニーは1954年10月8日にアメリカ合衆国カリフォルニア州ウォールナットクリークで生まれた。発育期にはカリフォルニア州サンブルーノで過ごし、1972年にサンカルロス高校を卒業した。その後ユタ州プロボブリガムヤング大学に入学して、社会学を専攻した。1974年12月にブリガムヤング大学を最優秀の成績で卒業して、1976年にコネチカット州ニューヘイブンエール大学にて社会学博士号のプログラムに参加した。1978年にはエール大学で社会学と行政学の特別な博士号が作られ、1982年にその博士課程を修了した。

経歴[編集]

バーニーは1980年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校アンダーソン・スクール・オブ・マネージメントの教員となり、1986年にはテキサスA&M大学メイズビジネススクール、1994年にはオハイオ州立大学フィッシャーカレッジ・オブビジネスに移り、そこで経営戦略チェースチェアー・フォー・エクセレンスを得た。2012年にはユタ大学エクルズスクール・オブ・ビジネスに移り、プレジデンタルプロフェッサーをえて、社会起業家精神学ラソンデチェアーを得た。

バーニーは経営戦略論の分野で経営資源に基づく競合優位性の理論リソース・ベースド・ビュー、RBV)に貢献したことでよく知られている。経営戦略論はある企業がなぜ他の企業より優れているかを説明するのに焦点を当てている。この分野の研究は1979年と1980年のマイケル・ポーターによるミクロ経済学のコンセプトにより大きく変わった。ジョー・ベインの研究を基に、ポーターは業界の競合相手の脅威を分析するツールを開発しました。有名なファイブフォースフレームワークにより、ポーターの研究はある産業の企業がなぜ別の産業の企業より優れているかを説明するのに使われることがある。

しかし、同じ産業の中でも企業業績に大きな違いがあることはよくある。例えば、ウォルマートケーマートは両方ともディスカウント小売業界で商売をしているが、ウォルマートが世界で最も大きな企業の一つになった一方、ケーマートは会社更生手続きで苦しんだ。産業の競争構造を使った理論(例えば、ポーターの理論)は、産業内の企業業績の変化についてはあまり使えない。

経営資源に基づく理論の主な部分はリチャード・ラメルト、ビルガー・ワーナーフェルト、ジェイ・バーニー、マーガレット・ペトラフ等の論文によって発展してきた。しかし、バーニーが1991年に経営資源に基づく視点に関する論文を発表するとその理論の人気と影響力が高まった。この論文は経営戦略論の分野で最も引用される一つになった。

経営資源に基づく理論の主な仮定には、企業はそれぞれ経営資源、能力に違いがあり、その違いは長い期間にわたって続くということがあります。経営資源と能力の違いが変わらない理由は経営資源と能力の性質(経路依存症因果関係の曖昧性、暗黙等)に関係があります。経営資源と能力の性質はそれらを持っている企業と持っていない企業との間で情報の非対称性を作り出す可能性があります。この情報の非対称性により特定の経営資源と能力を持たない企業にとって模倣するのは高くつく可能性があります。さらに、例え情報の非対称性がなかったとしても、経営資源の性質により模倣することは高くつく可能性もあります。例えば、不利な企業は競合企業の成功が組織文化(社会的に難しい資源の例)によるとわかっているかもしれませんが、その組織文化を模倣する為に自分の文化を変えることはできないかもしれません。

1991年のバーニー教授の論文は企業の業績をいくつかの異なるタイプに区別する簡単なフレームワークを作り出し(競争上の非優位性、競争的均衡、一時的な競合優位性、持続的な競合優位性)、模倣するのに高くつく経営資源と能力の特性を見つけだした。このフレームワークはVRIO分析(価値、希少性、模倣可能性、組織)として知られるようになった。価値はあるが、希少性がない経営資源競争的均衡となる。価値があり、希少性がある経営資源は一時的な競合優位性となる。価値、希少性があり、模倣するのに高くつく経営資源は持続的な競合優位性となる。組織はこの理論の調整係数としての役割を果たして、競争的均衡の企業が経営資源から高いレベルの業績を得られるようにしたり、潜在的に高い業績が見込まれるリーダー企業が組織のまとまりが悪いため、その業績を失わせたりする。

経営資源に基づく理論は1990年代初期から2015年にかけて、経営戦略論の分野の研究に影響を与えた。また、人材管理、情報技術、サプライチェーン・マネジメント等の他の分野にも影響を与えた。

バーニーの経歴の後半では、シャロン・アルヴァレズと協力して起業家精神の研究への理論的アプローチを作り上げた。このアプローチは起業機会は既存の市場や産業による外的要因によって形成されると仮定するよりも、むしろ、企業活動により内部から発生しうることを提示している。2015年までに、起業家精神を作り出すという考え方は起業家精神の研究者の間で広まった。経営資源に基づく理論を使った研究には企業の知識に基づく理論、関係的視点、動的能力、コアコンピタンス理論競争的異質性が含まれる。

受賞・栄典[編集]

  • Academy of Management Scholarly Contributions Award (2010)
  • Irwin Outstanding Educator Award, Business Policy and Strategy Division of the Academy of Management (2005)
  • Fellow, Academy of Management (2001)
  • Fellow, Strategic Management Society (2007)
  • Ph.D. (Honorary) Universidad Pontificia Comillas, Madrid, Spain (2011)
  • Ph.D. (Honorary) Copenhagen Business School, Copenhagen, Denmark (2008)
  • Ph.D. (Honorary) Lund University, Lund, Sweden (1997)

参考文献一覧[編集]

学術論文[編集]

  • Jay B. Barney (1986) "Organizational Culture: Can It Be a Source of Sustained Competitive Advantage?" Academy of Management Review. 11: 656-665.
  • Jay B. Barney (1986) "Strategic Factor Markets: Expectations, Luck, and Business Strategy," Management Science, 32(10): 1231-1241.
  • Jay B. Barney (1988) "Returns to Bidding Firms in Mergers and Acquisitions: Reconsidering the Relatedness Hypothesis," Strategic Management Journal, 9, Special Issue: 71-78.
  • Jay B. Barney (1991) "Firm Resources and Sustained Competitive Advantage," Journal of Management, 17(1): 99-120.
  • Jay B. Barney and Mark Hansen (1994) "Trustworthiness as a Source of Competitive Advantage," Strategic Management Journal, Vol. 15: 175-190.
  • Jay B. Barney (1995) "Looking Inside for Competitive Advantage," Academy of Management Executive, 9(4): 49-61.
  • Bill Fuerst, Jay B. Barney, and F. Mata (1996) "Information Technology and Sustained Competitive Advantage: A Resource-Based Analysis," MIS Quarterly, 19: 487-505.
  • Jay B. Barney and Patrick Wright (1998) “On Becoming a Strategic Partner: The Role of Human Resources in Gaining Competitive Advantage,” Human Resource Management, 37: 31-46.
  • Sharon Alvarez and Jay B. Barney (2007) “Forming and Exploiting Opportunities: The Implications of Discovery and Creation Processes for Entrepreneurial and Organizational Research,” Organization Science, 24(1): 301 -317.

書籍[編集]

  • Jay B. Barney and William G. Ouchi. (1986) Organizational Economics: Toward a New Paradigm for Studying and Understanding Organizations. San Francisco: Jossey-Bass.
  • Jay B. Barney and Ricky Griffin (1992) Managing Organizations: Strategy, Structure, and Behavior. Boston: Houghton-Mifflin.
  • Jay B. Barney (2010) Gaining and Sustaining Competitive Advantage, currently in 4th edition, Upper Saddle River, NJ: Pearson/Prentice Hall. (Translated into Japanese, Chinese, Italian)
  • Jay B. Barney and William Hesterly. (2014) Strategic Management and Competitive Advantage. Currently in 5th edition. Upper Saddle River, NJ: Prentice Hall. (Translated into Chinese, Korean)
  • Jay B. Barney and Delwyn Clark (2007) Resource-based Theory: Creating and Sustaining Competitive Advantage. London: Oxford University Press, 2007. (Translated into Chinese)
  • Jay B. Barney and Trish Clifford (2010) What I Didn’t Learn in Business School: Making Strategy Work in the Real World. Cambridge: Harvard Business Review Press. (Translated into Korean, Hungarian, Chinese, Polish)

参考文献[編集]

  • [1] Michael Porter (1979) “How competitive forces shape strategy,” Harvard Business Review, March/April: 137 – 156; Michael Porter (1980) Competitive Strategy. NY: Free Press.
  • [2] Joe Bain (1956) Barriers to New Competition. Cambridge, MA: Harvard.
  • [3] Richard Rumelt (1984) “Toward a strategic theory of the firm,” in R. Lamb (ed.), Competitive Strategic Management. Englewood Cliffs, NJ: Prentice Hall, pp. 556 – 570.
  • [4] Birger Wernerfelt (1984) “A resource-based view of the firm,” Strategic Management Journal, 5: 171 – 180.
  • [5] Jay B. Barney (1986a) “Strategic factor markets: Expectations, luck, and the theory of business strategy,” Management Science, 32(10): 1231 – 1241; Jay B. Barney (1986b) “Organizational culture: Can it be a source of sustained competitive advantage?” Academy of Management Review, 11: 656 – 665; Jay B. Barney (1988) “Returns to bidding firms in mergers and acquisitions: Reconsidering the relatedness hypothesis,” Strategic Management Journal, 9: 71 – 78.
  • [6] Margie Peteraf (1993) “The cornerstones of competitive advantage: A resource-based view,” Strategic Management Journal, 14: 179 – 191.
  • [7] Jay B. Barney (1991) “Firm resources and sustained competitive advantage,” Journal of Management, 17: 99 – 120.
  • [8] W. B. Arthur (1989) “Competing technologies, increasing returns, and lock-in by historical events,” Economic Journal, 99: 116 – 131.
  • [9] Steve Lippman and Richard Rumelt (1982) “Uncertain imitability: An analysis of inter-firm differences in efficiency under competition,” Bell Journal of Economics, 13: 418 – 438.
  • [10] Jay B. Barney (1986b) “Organizational culture: Can it be a source of sustained competitive advantage?” Academy of Management Review, 11: 656 – 665.
  • [11] I. Dierickx and K. Cool (1989) “Asset stock accumulation and sustainability of competitive advantage,” Management Science, 35: 1504 – 1511.
  • [12] Jay B. Barney (1996) Gaining and Sustaining Competitive Advantage. Reading, MA: Addison-Wesley.
  • [13] Jay B. Barney and Patrick Wright (1998) “On Becoming a Strategic Partner: The Role of Human Resources in Gaining Competitive Advantage,” Human Resource Management, 37: 31-46.
  • [14] Gautum Ray, Jay Barney, and W. Muhanna (2005) “Information Technology and the Performance of the Customer Service Process in North American Insurance Companies: A Resource-based Analysis,” Management Information Systems Quarterly, 29: 625-652.
  • [15] S. D. Hunt and D.F. Davis (2008) “Grounding supply chain management in resource-advantage theory,” Journal of Supply Chain Management, 44(1): 10 – 21.
  • [16] Sharon Alvarez and Jay B. Barney (2007) “Discovery and Creation: Alternative Theories of Entrepreneurial Action,” Strategic Entrepreneurship Journal 1(1): pp. 11 – 26; Sharon Alvarez, Jay B. Barney, and Phil Anderson (2013) “Forming and Exploiting Opportunities: The Implications of Discovery and Creation Processes for Entrepreneurial and Organizational Research,” Organization Science, 24(1): 301 -317.