ジェイムズ・ガーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・ガーニー
生誕 1958年6月14日(56歳)
国籍 アメリカ合衆国
教育 アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン
代表作 『ダイノトピア―恐竜国漂流記』
選出 (

ジェイムズ・ガーニー(James Gurney、1958年6月14日 ‐ )は、 アメリカ合衆国のイラストレーター、作家。人間と恐竜とが共存する架空の島を舞台とした探検記である、絵本シリーズ『ダイノトピア』で知られる。ニューヨーク州ダッチェス郡ラインベック在住。

生い立ち[編集]

ガーニーは、機械技師であるロバートと妻ジョアンナの間に生まれた、五人子供の末っ子として、カリフォルニア州パロ・アルトで育った。[1] 作業場で修繕をするよう勧められ、彼はパペット、グライダー、仮面、凧などを制作し、ハワード・パイルノーマン・ロックウェルといった画家たちに関する書物を通じ、独学で絵画技法を身につけた。

彼はカリフォルニア大学バークレー校考古学 を学び、1979年、 ファイ・ベータ・カッパ・クラブの栄誉とともに、自然人類学で文学士号を取得した。彼はそのときにカリフォルニア州パサデナの アートセンター・カレッジ・オブ・デザインで、二学期にわたってイラストレーションを学んだ。貨物列車で国々を横断する冒険に触発された彼とトーマス・キンケイド英語版は、1982年、"The Artist’s Guide to Sketching"を共同で著した。二人はまた、アニメーション映画『ファイアー&アイス英語版』(ラルフ・バクシフランク・フラゼッタの共同制作)に背景画担当として参加している。[2]

作品[編集]

ガーニーのフリーのイラストレイターとしての経歴は1980年代に始まる。during which time he developed his characteristic realistic renderings of fantastic scenes, painted in oil using methods similar to the academic realists and Golden Age illustrators. He painted more than 70 covers for science fiction and fantasy paperback novels, and he created several stamp designs for the US Postal Service, most notably The World of Dinosaurs in 1996.

Starting in 1983, he began work on over a dozen assignments for National Geographic Magazine, including reconstructions of the ancient Moche, Kushite, and Etruscan civilizations, and the Jason and Ulysses voyages for Tim Severin.

The inspiration that came from researching these archaeological reconstructions led to a series of lost world panoramas, including Waterfall City (1988) and Dinosaur Parade (1989). With the encouragement of retired publishers Ian and Betty Ballantine, he discontinued his freelance work and committed two years’ time to writing and illustrating ダイノトピア―恐竜国漂流記, which was published in 1992. The book landed on the New York Times Bestseller List, and won Hugo, World Fantasy, Chesley, Spectrum, and Colorado Children’s Book awards. It sold over a million copies and was translated into 18 languages.[3]

Sequels of Dinotopia that are both written and illustrated by Gurney include 『ダイノトピア 地下世界への冒険』(1995), Dinotopia: First Flight (1999), and Dinotopia: Journey to Chandara (2007). Original artwork by Gurney from the Dinotopia books has been exhibited at the National Museum of Natural History of the Smithsonian Institution and the Norman Rockwell Museum, and is currently on tour to museums throughout the USA and Europe.

最近では彼は二冊の絵画技法書を出版している。『空想的リアリズム 架空世界を描く方法』 (2009)と『カラー&ライト リアリズムのための色彩と光の描き方』 (2010)である。

参考文献[編集]

  1. ^ Jackson, Donald Dale. "Daring Deeds, Bold Dreams, in a Land Removed from Time", page 73. Smithsonian, September 1995
  2. ^ Bensimhon, M. “Living with Dinosaurs: Inside the Mind of a Man who Makes Fantasy Seem Real", page 54. Life Magazine, October 1992
  3. ^ Parks, John. "Fact & Fantasy: The Paintings of James Gurney," p. 43. American Artist, November 2006

Further reading[編集]

  • Debus, Allen A. (2006). Dinosaurs in Fantastic Fiction: A Thematic Survey (1st ed. ed.). Jefferson, North Carolina, and London: McFarland & Company, Inc.. ISBN 978-0-7864-2672-0. 
  • Hintz, Carrie; and Elaine Ostry (2003). Utopian and Dystopian Writing for Children and Young Adults. New York and London: Routledge. ISBN 0-415-94017-6. 
  • Reed, Walt (2001). The Illustrator in America 1860-2000. New York, NY: Watson-Guptill Publications. ISBN 0-8230-2523-3. 

外部リンク[編集]