ジェイムズ・ガスコイン=セシル (第2代ソールズベリー侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第2代ソールズベリー侯爵
ジェイムズ・ガスコイン=セシル
James Gascoyne-Cecil
2nd Marquess of Salisbury
James Brownlow William Cecil, 2nd Marquess of Salisbury Eddis.jpg
生年月日 1791年4月17日
没年月日 1868年4月12日(満76歳没)
出身校 オックスフォード大学クライスト・チャーチ
所属政党 トーリー党→) 保守党
称号 ガーター勲章勲爵士 (KG)
枢密顧問官 (PC)
配偶者 (1) フランセス・ガスコイン
(2) メアリー・サックヴィル=ウェスト
親族 初代ダウンシャー侯爵 (祖父)
第3代ソールズベリー侯爵 (子)
初代バルフォア伯爵 (孫)
第4代ソールズベリー侯爵 (孫)

内閣 第1次ダービー内閣
在任期間 1852年2月27日 - 1852年12月17日

内閣 第2次ダービー内閣
在任期間 1858年2月26日 - 1859年6月11日

庶民院議員
選挙区 ウェイマス=メルカム=レジス選挙区英語版
ハートフォード選挙区英語版
在任期間 1813年 - 1817年
1817年 - 1823年
テンプレートを表示

第2代ソールズベリー侯爵ジェイムズ・ブラウンロウ・ウィリアム・ガスコイン=セシル: James Brownlow William Gascoyne-Cecil, 2nd Marquess of Salisbury, KG, PC1791年4月17日 - 1868年4月12日)は、イギリスの貴族、政治家。

第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーの内閣で王璽尚書枢密院議長英語版を務めた。ソールズベリー侯爵を相続する1823年までは、「クランボーン子爵」の儀礼称号で称されていた。

経歴[編集]

宮内長官Lord Chamberlain; 王室侍従長)や郵政大臣Postmaster General; 逓信公社総裁)を務めた初代ソールズベリー侯爵ジェイムズ・セシルの長男「ジェイムズ・ブラウンロウ・ウィリアム・セシル」として生まれる[1]。母親のエミリー・メアリー・ヒルは、初代ダウンシャー侯爵ウィルス・ヒルの娘。

イートン・カレッジを経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで教育を受け、1813年に修士号(M.A.)を取得[1]

1813年から1817年までウェイマス・アンド・メルカム・レジス英語版選挙区選出[1][2]の、1817年から襲爵により貴族院に移る1823年までハートフォード選挙区選出[1][3]庶民院議員。第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリー1852年に組閣した第1次内閣英語版王璽尚書[4]1858年に組閣した第2次内閣英語版枢密院議長Lord President of the Council)となる[5]

また1826年枢密顧問官に列せられ[1][6]1842年ガーター勲章を授けられた[7]

なお彼は、1841年より1868年までミドルセックス州統監Lord Lieutenant of Middlesex)も務めた[1][8]

栄典[編集]

爵位[編集]

1823年6月13日の父ジェイムズ・セシルの死去により以下の爵位を継承した[1][9]

勲章[編集]

家族[編集]

ソールズベリーは二回結婚した。1人目の妻フランセス・メアリー・ガスコイン(1802年1月25日 - 1839年10月15日)とは1821年2月2日に結婚した。同年3月22日には、勅許を得て「ガスコイン=セシル」へ改姓した[1]。彼女との間の子供に、爵位を相続したクランボーン子爵ロバート・アーサー・タルボット・ガスコイン=セシルや、ジェイムズ・メイトランド・バルフォア英語版と結婚しアーサー・バルフォア(後に初代バルフォア伯爵)を生んだレディ・ブランチ・メアリー・ハリエット・ガスコイン=セシル(1825年 - 1872年5月16日)らがいる。

2人目の妻となったレディ・メアリー・キャサリン・サックヴィル=ウェスト(1824年7月23日 - 1900年12月6日)は第5代デ・ラ・ウォー伯爵英語版ジョージ・サックヴィル=ウェスト英語版の娘で、1847年4月29日に結婚した。彼女との間の子供に、第10代ギャロウェイ伯爵英語版アラン・ステュアート英語版と結婚したレディ・メアリー・アラベラ・アーサー・ガスコイン=セシル(1850年4月26日 - 1903年8月18日)らがいる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i Lundy, Darryl. “James Brownlow William Gascoyne-Cecil, 2nd Marquess of Salisbury” (英語). thepeerage.com. 2012年1月8日閲覧。
  2. ^ Rayment, Leigh. “The House of Commons Constituencies Beginning With "W"” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2010年10月15日閲覧。
  3. ^ Rayment, Leigh. “The House of Commons Constituencies Beginning With "H"” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2012年1月8日閲覧。
  4. ^ The London Gazette: no. 21296. p. 634. 1852年2月27日
  5. ^ The London Gazette: no. 22103. p. 1019. 1858年2月26日
  6. ^ Rayment, Leigh. “Privy Counsellors 1679–1835” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2012年1月8日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 20090. p. 1017. 1842年4月12日
  8. ^ Rayment, Leigh. “Peerage: Saatchi to Sandys” (英語). Leigh Rayment's Peerage Page. 2012年1月8日閲覧。
  9. ^ a b Heraldic Media Limited. “Salisbury, Marquess of (GB, 1789)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
サー・ジョン・マレー英語版
トマス・ウォレス英語版
ジョン・ブロードハースト
ヘンリー・トレイル
ウェイマス=メルカム=レジス選挙区英語版
1813年1817年
同一選挙区同時当選者
サー・ジョン・マレー英語版
マスタートン・ユーア
クリストファー・アイドル英語版
次代:
サー・ジョン・マレー英語版
マスタートン・ユーア
クリストファー・アイドル英語版
アドルファス・ダルリンプル英語版
先代:
エドワード・クーパー
ニコルソン・カルバート英語版
ハートフォード選挙区英語版選出庶民院議員
1817年1823年
同一選挙区同時当選者
ニコルソン・カルバート英語版
次代:
ニコルソン・カルバート英語版
トマス・バイロン英語版
公職
先代:
第2代ミントー伯爵
王璽尚書
1852年
次代:
第8代アーガイル公爵
先代:
第2代グランヴィル伯爵
枢密院議長英語版
1858年–1859年
次代:
第2代グランヴィル伯爵
名誉職
先代:
第4代ポートランド公爵
ミドルセックス統監英語版
1841年–1868年
次代:
第2代ウェリントン公爵英語版
グレートブリテンの爵位
先代:
ジェイムズ・セシル
第2代ソールズベリー侯爵
1823年–1868年
次代:
ロバート・ガスコイン=セシル