ジェイムズ・カーナウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジェイムズ・エドワード・カーナウJames Edward Curnow, 1943年4月17日 - )は、アメリカ合衆国作曲家編曲家吹奏楽のための作品を多く手がけている。以前はジム・カーナウJim Curnow)のペンネームを使用していた。姓はカーノウとも表記される。

来歴[編集]

ミシガン州ポートヒューロンに生まれる。1966年ウェイン州立大学を卒業、1970年ミシガン州立大学にて音楽修士取得。両大学でユーフォニアム指揮法を学ぶ。ミシガン州立大学の教員、アズベリー大学音楽科助教授、イリノイ大学助教授を経て、1986年からフリーの作曲家となる。現在はケンタッキー州ニコラスヴィルに居住し作曲を続けている。

1995年からカーナウ・ミュージックを経営していたが、同社は1999年にハル・レナード・コーポレーションと合併し、その後デ・ハスケ社の傘下となっている。

主要作品[編集]

初級向けから上級向けまで、幅広く作曲している[1]。自身がユーフォニアムを学んでいたこともあり、ユーフォニアムとバンドのための作品も多い[2]

  • 序曲「フェニックス」 (Phoenix Overture)
  • 交響的三章 (Symphonic Triptych)
  • 吹奏楽のための「パルティータ」 (Partita for Band)
  • 歓喜―「われらが神はかたき砦」による幻想曲 (Rejouissance, Fantasy, Bassed on "A Mighty Fortress is Our God")
  • ブレンハイム・フローリッシュ (Blenheim Flourishes)
  • トリティコ (Trittico)

参考文献[編集]

  • 『新版 吹奏楽講座 第8巻 名曲とレコード/人名事典』音楽之友社、1984年 p180
  • 秋山紀夫『吹奏楽曲プログラム・ノート 秋山紀夫が選んだ689曲』エイト社、2003年 p124
  • 磯田健一郎編『200CD 吹奏楽 名曲・名演・魅惑のブラバン』立風書房、1999年 p123

脚注[編集]

  1. ^ 『新版 吹奏楽講座』
  2. ^ 磯田『200CD 吹奏楽 名曲・名演・魅惑のブラバン』

関連項目[編集]