ジェイムズ・ウィリアム・マーシャル (郵政長官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・マーシャル

ジェイムズ・ウィリアム・マーシャル(James William Marshall, 1822年8月14日 - 1910年2月5日)は、アメリカ合衆国政治家1874年7月から8月までユリシーズ・グラント大統領の下で第27代アメリカ合衆国郵政長官を務めた。

生い立ちと家族[編集]

1822年8月14日、マーシャルはバージニア州クラーク郡において、ジェイムズ・ペド・マーシャル (James Pade Marshall, 1780-1826) とスザンナ・オレア (Susannah O'Rear) の息子として誕生した。マーシャルは地元の学校で学び、1848年ディキンソン大学を卒業した。

1850年、マーシャルはペンシルベニア州カーライルにおいて、ジェイン・スティーヴンソン (Jane Stevenson, 1822-1895) と結婚した。

ディキンソン大学教授[編集]

マーシャルは1848年にディキンソン大学を卒業した後も、助教授として大学に残った。マーシャルは1850年に古語の正教授に昇格した。マーシャルは1861年まで教授職を務めた。

合衆国領事[編集]

1861年、マーシャルはイングランドリーズの合衆国領事に任ぜられた。マーシャルは1865年まで領事を務めた。

グラント政権[編集]

1869年3月ユリシーズ・グラント大統領に就任すると、マーシャルはジェイムズ・クレスウェル郵政長官の下で郵政第一次官補に任ぜられた。

1874年7月、クレスウェル郵政長官が突如辞任すると、グラント大統領は後任の郵政長官に在ロシア公使マーシャル・ジュウェルを起用することを決定した。そしてジュウェルがロシアから合衆国に帰国するまでの約2ヶ月間について、グラント大統領はマーシャルを郵政長官に据えることで対応した。ジュウェルは1874年8月に郵政長官に着任した。

晩年[編集]

1877年3月、グラント政権が終了すると、マーシャルは鉄道郵便業務の最高責任者となった。マーシャルは同職を引退まで務めた。

1910年2月5日、マーシャルはワシントンD.C.で死去した。マーシャルの遺体はペンシルベニア州カーライルに埋葬された。

公職
先代:
ジョン・クレスウェル
アメリカ合衆国郵政長官
1874年7月3日 - 1874年8月24日
次代:
マーシャル・ジュウェル