ジェイソン・グラボースキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイソン・グラボースキー
Jason Grabowski
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ニューヘイブン
生年月日 1976年5月24日(39歳)
身長
体重
192 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手三塁手
プロ入り 1997年 MLBドラフト2巡目
初出場 MLB / 2002年9月22日
NPB / 2006年4月18日
最終出場 MLB / 2005年10月2日
NPB / 2006年9月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイソン・ウィリアム・グラボースキーJason William Grabowski , 1976年5月24日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

1997年MLBドラフト2巡目でテキサス・レンジャーズに入団。

2002年オークランド・アスレチックスに移籍すると、同年9月22日メジャーデビューを果たす。

2004年2005年は、ロサンゼルス・ドジャースに所属していた。2005年末にオリックス・バファローズへの入団が決まる。同じく2005年末にオリックスへの復帰が決まった中村紀洋とは、ドジャース傘下のラスベガス・フィフティワンズクリーンナップを組んでいたチームメイトであり、中村を通してチームにオファーをかけていたという。

迎えた2006年は、オープン戦で結果を出せず開幕を2軍で迎える。来日初安打は6月14日読売ジャイアンツ戦で、2階席にまで届く特大の本塁打を放った。6月19日の巨人戦でも本塁打を放ちヒーローインタビューを受けたが、その後打率は.146、本塁打4本という成績でシーズンを終えてしまい、そのまま退団かと思われた。しかし、ドジャース時代からグラボースキーを知るテリー・コリンズがオリックス新監督に就任したことや、推定年俸3000万と割安であること、選球眼が良く中軸を打てる左打者になれる可能性があることを理由に、保留選手名簿に残り、2006年末にオリックスと契約したチャド・アレンの保険として、来期の残留が決まっていた。だが、12月21日に元巨人のゲーリー・グローバーと共にタンパベイ・デビルレイズのマイナー契約を合意し、オリックスからの退団が事実上決定した。

2007年は、デビルレイズの春季メジャーキャンプに招待されたが、同じ条件で契約したグローバーがメジャーに昇格したのに対し、グラボースキーはロースター枠には入れず、現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 OAK 4 11 8 3 3 1 1 0 6 1 0 0 0 0 3 0 0 1 0 .375 .545 .750 1.295
2003 8 9 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .000 .111 .000 .111
2004 LAD 113 192 173 18 38 7 0 7 66 20 0 0 0 0 19 0 0 50 4 .220 .297 .382 .679
2005 65 123 112 14 18 0 0 4 30 12 1 0 0 1 10 1 0 29 4 .161 .228 .268 .496
2006 オリックス 39 108 89 10 13 4 0 4 29 7 0 0 0 0 18 0 1 30 3 .146 .296 .326 .622
MLB:4年 190 335 301 35 59 8 1 11 102 33 1 0 0 1 33 1 0 85 8 .196 .275 .339 .614
NPB:1年 39 108 89 10 13 4 0 4 29 7 0 0 0 0 18 0 1 30 3 .146 .296 .326 .622

背番号[編集]

  • 2(2002年)
  • 23(2003年)
  • 33(2004年)
  • 6(2005年)
  • 26(2006年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]