ジェイソン・アーロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jason Aaron
Jason Aaron Press Photo.jpg
生誕 1973年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラバマ州ジャスパー英語版
公式サイト http://jasoneaaron.blogspot.com/
テンプレートを表示

ジェイソン・アーロン(Jason Aaron, 1973年 - )は、アメリカ合衆国のコミックのライターである。『ソー』、『ジ・アザー・サイド英語版』、『スカルプド英語版』、『ゴーストライダー』、『ウルヴァリン英語版』、『パニッシャーMAX英語版』などで知られている。2016年初頭時点ではマーベルの『マイティ・ソー』、『ドクター・ストレンジ』、『スター・ウォーズ』、イメージの『サザン・バスターズ』、『ザ・ゴッドダムド』のライターを務めている。

生い立ち[編集]

アラバマ州ジャスパー英語版で生まれる[1][2][3]。従兄弟は映画『フルメタル・ジャケット』の原作となった同名の半自伝的小説を執筆したグスタフ・ハスフォードであり、アーロンは大きな影響を受けた。アーロンは子供の頃からコミックの脚本家を目指しており、父親からは懐疑的に思われていたが、母親は彼にコミックを買い与え、彼は現在でもその当時のコミックのいくつかを所有し続けている[4]

シェルビー郡高等学校英語版を卒業後、アラバマ大学バーミングハム校英語版に通い、英語のBAを取得して卒業した[5]

キャリア[編集]

アーロンのキャリアは2001年にマーベル・コミックの才能発掘コンテストで8ページに及ぶウルヴァリンのバックアップストーリーを描いて勝ったことで始まった。『ウルヴァリン』第175号(2002年6月)に載せられたそのストーリーはそれ以降、編集部にアイデアを売り込む機会を彼に与えた[4]

2006年、アーロンはDCコミックスのインプリントであるヴァーティゴ英語版でベトナム戦争のストーリーである『ジ・アザー・サイド英語版』を発表し[4]アイズナー賞ミニシリーズ部門にノミネートされた[6]。アーロンはこれを業界入りした「第二期」であるとみなしている[4][7]。これに続いてヴァーティゴはアーロンに他のアイデアを実現させ、彼はインディアンを描いた『スカルプド英語版』を執筆し、R・M・グエラ英語版が作画を担当した[4][7][8]

2007年にアーロンはトップ・カウ・プロダクションで『リップクロウ英語版: パイロット・シーズン英語版』を執筆した[9]。同年末、『ジ・アサー・サイド』と『スカルプド』に感銘を受けたマーベル編集部のアクセル・アロンソ英語版は『ウルヴァリン』と『ブラックパンサー』に起用し、さらに後に『ゴーストライダー』も担当させることとなった。『ブラックパンサー』は2009年のクロスオーバー「シークレット・インベージョン」とのタイインを担当した[10]

2008年1月、アーロンは『スカルプド』を続けるという条件でマーベルとの独占契約を交わした[10][11]。7月後半に彼は『ジョーカーズ・アサイラム』のペンギンの号を執筆した[12][13]

2007年に『ウルヴァリン』を4号担当した後、アーロンは映画『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』に併せて立ち上げたれたオンゴーイングシリーズ『ウルヴァリン: ウェポンX英語版』で同キャラクターに復帰した。アーロンは「『ウルヴァリン: ウェポンX』で我々はアークからアークへ混ぜ合わせようとするので、最初のアークは典型的なブラックオプスのストーリーとなるが、第2のアークは全く別のものへジャンプする」とコメントした[14]。2010年、シリーズはタイトルを単に『ウルヴァリン』と変更してリランチされた[15]。彼はこれに続き、2011年にリランチされた『インクレディブル・ハルク英語版[16]と2012年にリランチされた『ソー: ゴッド・オブ・サンダー』も担当した[17]。2014年にはマイク・デオダート作画のリミテッドシリーズ『オリジナル・シン英語版』を執筆した[18]。また『ソー』では女性のソーを登場させ、再度リランチした後も脚本を担当した。

2015年からは『新たなる希望』と『帝国の逆襲』の間の出来事を描いた『スター・ウォーズ』のコミックで脚本を務めている

私生活[編集]

2000年に映画『X-メン』の公開翌日にカンザス州カンザスシティに移住している[4]

アーロンは南部バプテストとして育ったが、無神論者に転向している[19]

受賞とノミネート[編集]

  • ノミネート: 2007年アイズナー賞ミニシリーズ部門 - The Other Side.[6]
  • ノミネート: 2015年アイズナー賞ライター部門 - Southern BastardsOriginal SinThorMen of Wrath
  • ノミネート: 2015年アイズナー賞連続シリーズ部門 - Southern Bastards.
  • 受賞: 2015年ハーベイ賞新シリーズ部門 - Southern Bastards.
  • ノミネート: 2015年ハーベイ賞ライター部門 - Southern Bastards.

ビブリオグラフィ[編集]

DCコミックス/ヴァーティゴ[編集]

マーベル・コミック[編集]

イメージ・コミック[編集]

その他の出版社[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Keily, Karl (2011年4月8日). “WC11: Aaron Gets Scalped”. Comic Book Resources. 2011年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月8日閲覧。
  2. ^ Rogers, Vaneta (2009年4月7日). “Behind the Page – Wolverine: Weapon X's Jason Aaron”. Newsarama. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月7日閲覧。
  3. ^ Aaron, Jason (n.d.). “About”. Blogger. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e f Avengers vs. X-Men: War Journals: Ep. 3 Jason Aaron Origins”. MTV (2012年5月17日). 2012年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月17日閲覧。
  5. ^ From Hueytown to Krypton: Creators with Alabama ties have made it big in comic book industry”. The Birmingham News. Alabama Media Group (2014年1月23日). 2015年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月7日閲覧。
  6. ^ a b 2007 Will Eisner Comic Industry Awards”. Hahn Library Comic Book Awards Almanac (n.d.). 2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月13日閲覧。
  7. ^ a b Aaron, Jason (2010年9月8日). “Where The Hell Am I”. Comic Book Resources. 2013年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月8日閲覧。
  8. ^ Cowsill, Alan; Dolan, Hannah, ed. (2010). “2000s”. DC Comics Year By Year A Visual Chronicle. Dorling Kindersley. p. 329. ISBN 978-0-7566-6742-9. "Writer Jason Aaron and artist R. M. Guéra mixed crime and Native American culture in Scalped...Scalped remains a brutal noir thriller that is not scared to reflect the grim reality of life for many modern-day Native Americans." 
  9. ^ a b Furey, Emmett (2007年8月9日). “Top Cow's Pilot Season with Rob Levin and Jason Aaron”. Comic Book Resources. 2012年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月9日閲覧。
  10. ^ a b Rogers, Vaneta (2008年1月18日). “Jason Aaron signs exclusive with Marvel”. Newsarama. 2009年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月18日閲覧。
  11. ^ Aaron, Jason (2008年1月18日). “I'm now Marvel exclusive”. BlogSpot. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月18日閲覧。
  12. ^ Renaud, Jeffrey (2008年6月24日). “The Joker’s Asylum, Part II: The Penguin”. Comic Book Resources. 2013年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月24日閲覧。
  13. ^ Arrant, Chris (2008年7月1日). “Going Inside the Penguin with Jason Aaron”. Newsarama. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月1日閲覧。
  14. ^ Powers, Nicole (2009年4月29日). “Jason Aaron: Wolverine: Weapon X”. SuicideGirls.com. 2009年4月29日閲覧。
  15. ^ Manning, Shaun (2010年4月18日). “C2E2: X-Men Panel”. Comic Book Resources. 2013年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月1日閲覧。
  16. ^ Johnston, Rich (2011年10月25日). “Advance Review: The Incredible Hulk #1 by Jason Aaron and Marc Silvestri”. BleedingCool.com. 2013年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月10日閲覧。
  17. ^ Ching, Albert (2012年8月7日). “Past, Present & Future Thor Star in Aaron's God of Thunder”. Newsarama. 2013年11月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月10日閲覧。
  18. ^ Sunu, Steve (2014年2月19日). “Aaron Uncovers Original Sin For Marvel”. Comic Book Resources. 2014年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月19日閲覧。
  19. ^ War Rocket Ajax #138: Jason Aaron Talks Thor: God Of Thunder”. Comics Alliance (2012年12月3日). 2013年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]

インタビュー[編集]

先代:
ジェフ・ローブ
ウルヴァリン』のライター
2007年
次代:
マーク・グッゲンハイム
先代:
マーク・グッゲンハイム
『ウルヴァリン』のライター
2008年
次代:
マーク・ミラー
先代:
マーク・ミラー
『ウルヴァリン』のライター
2009年 - 2012年
次代:
カレン・バン英語版
先代:
グレッグ・パク英語版
(『インクレディブル・ハルクス』)
インクレディブル・ハルク英語版』のライター
2011年 - 2012年
次代:
マーク・ウェイド英語版
(『インデストラクト・ハルク』)
先代:
マット・フラクション英語版
ソー』のライター
2012年 - 現在
次代:
担当中