ジェイク・エーデルスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジェイク・エーデルスタインアデルステインなどとも表記、Jake Adelstein、本名:Joshua Adelstein、1969年3月28日 - )は、米国出身のジャーナリストルポライター。NPO法人ポラリスプロジェクトジャパンのアドバイザーも務める。元読売新聞社会部記者。自著に「Tokyo Vice」がある[1]

来歴[編集]

ミズーリ州出身のユダヤ系アメリカ人で、19歳当時の1988年に渡日し上智大学日本文学を専攻[2]。1992年から外国人初の読売新聞の記者となり[3]、日本の暴力団界のルポに12年間にわたり携わった[4]

本人いわく、山口組後藤組組長後藤忠政の米国での肝臓移植手術に際してのFBI取引の件をすっぱ抜こうとしたことを後藤組に察知され、のちに示談の場で死の脅迫(家族を含む)を受けたことから読売新聞社を退社し帰国した[5]。以来、米国と日本の両国において警察当局の保護下にあると主張している[6]

現在は日本在住。ワシントンポストウォールストリートジャーナルBBCインデペンデントガーディアンなどの新聞にしばしば寄稿している。

著書[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]