シーリ・ランタネン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
フィンランドの旗 フィンランド
女子 クロスカントリースキー
オリンピック
1956 コルティナダンペッツォ 3×5kmリレー
1952 オスロ 10km
1960 スコーバレー 3×5kmリレー
ノルディックスキー世界選手権
1954 Falun 3x 5kmリレー
1954 Falun 10km
1958 Lahti 3x 5kmリレー
1958 Lahti 10km
1962 Zakopane 3x 5kmリレー

シーリ・ランタネン(Siiri Johanna "Äitee" Rantanen、1924年12月14日 - )はフィンランド北カルヤラ県トホマヤルヴィ出身の元クロスカントリースキー選手。1950年代から1960年代にかけて国際大会で活躍した。

プロフィール[編集]

ランタネンは1952年のオスロオリンピック10kmで同僚のリディア・ウィデマンミルヤ・ヒエタミエスに次いで銅メダルを獲得。1954年ノルディックスキー世界選手権では10kmとリレーでともに銀メダル、1956年のコルティナダンペッツォオリンピックでは10km5位入賞、リレーで金メダルを獲得した。

自国開催の1958年ノルディックスキー世界選手権ではリレー銀、10km銅メダル、1960年スコーバレーオリンピック1962年ノルディックスキー世界選手権でともに銅メダルと通算で8個のメダルを得ている。

ラハティスキーゲームズの10kmでは1953年、1959年、1961年の3度優勝、フィンランド女性アスリートオブザイヤーには1954年、1956年、1958年、1959年の4度選出されている。

出典[編集]