シーク (ペトラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シークから望むエル・カズネ(宝物殿)
シーク入口にある壁龕

シークアラビア語: السيق al-Siq‎, 英語: the shaft)は、ヨルダン南部にある古代都市ペトラへの入口である。その薄暗くて狭い峡谷(場所によっては幅3メートルもない)は、およそ1.2キロメートル(3/4 マイル)のうねった通路であり、ペトラの最も精緻な遺跡であるエル・カズネ(宝物殿)に行き着く。

シークは地殻運動の影響によって形成され、水の侵食により滑らかに削られた自然の地質断層である。シークを取り囲む壁の高さは91-182メートル(300-600フィート)となる[1]

シークの入口には、1963年および1991年に再び再建された巨大なダムがあり、シークを通さず、ワディ・ムーサの水路を変更するように造られていた。そのダムは、紀元前1世紀から紀元後1世紀の初めに、ワディ・ムーサを維持するためナバテア人が造ったもので、かなり正確に復元されている。入口にはまた、記念門の残片として、2つの迫台およびアーチ自体の切り崩れたいくらかの石のみがある。そのアーチは、地震の後1896年に崩壊したが、その外観はデイヴィッド・ロバーツ (David Roberts) のリトグラフ作品によって知られている[1]

シークはペトラへの重要な隊商の入口として使用された。裂け目の両壁に沿って、ベテル (baetyli) を含む数多くの奉納された窪み(壁龕)があり、シークがナバテアの人々に尊ばれていたことを示唆している。1998年に、通路を1.8メートル(6フィート)以上下げるため採掘がなされた時に、一群の彫像が発見された。その上部はかなり侵食されているが、2人の商人と、それぞれが引く2頭のラクダの像を今もなお認めることができる。その像は、ほぼ等身の2倍大となる[1]

シークに沿っていくつかの地下室があるが、その機能はまだ明らかにされていない。それらが墓であった可能性は否定されており、考古学者はそれらが住居であったことも信じ難いとしている。多数意見では、それらはペトラへの入場口を守った見張り役を収容したとされる[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Fabio Bourbon, Petra: Jordan's Extraordinary Ancient City. New York: Barnes & Noble Books, 1999 (ISBN 0-7607-2022-3)

参考文献[編集]

  • Parr, Peter, "Dating the Hydraulic Installations in the Siq at Petra," Palestine Exploration Quarterly, 140,2 (2008), 81-86.