シークレット・ウェポン (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Secret Weapon
MxPxスタジオ・アルバム
リリース
録音 2007年2月 - 3月
ジャンル スケート・パンク英語版
パンク・ロック[1][2][3]
時間
レーベル Tooth & Nail
プロデュース アーロン・スプリンクル英語版
MxPx 年表
Let's Rock
(2006)
Secret Weapon
(2007)
The Ultimate Collection
(2008)
『Secret Weapon』収録のシングル
  1. 「Secret Weapon」
    リリース: 2007
  2. 「You're On Fire」
    リリース: 2007
  3. 「Shut It Down」
    リリース: 2007
  4. 「Contention」
    リリース: 2008
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
Allmusic 4/5stars[4]

シークレット・ウェポン』 (Secret Weapon) は、2007年7月17日にリリースされた、クリスチャン・ロック系のパンクロックバンドMxPxの8枚目のスタジオ・アルバム。メジャー(A&Mレコード)での活動などを経て、デビュー当初の所属レーベルであったトゥース・アンド・ネイル・レコードに復帰して最初の作品であり、このレーベルからは1996年の『Life in General』以来久々のリリースとなった。本作は、Billboard 200では初登場76位となり、『ビルボード』誌の「クリスチャン・チャート」では首位に達した。本作は、サウンド面でも初期のサウンドに立ち戻っている[1][2][3]

シークレット・ウェポン』には3つの異なるバージョンがある。

  • 16曲が収められたスタンダード・バージョン
  • スタンダード盤とは異なるアートワークが施された、12アナログ盤2枚組
  • メイキング編のDVDが附録となり、3曲が追加され、アートワークも一新されたスペシャル・エディション

プレリリース[編集]

このアルバムは、MxPxのトゥース・アンド・ネイル・レコード復帰作ということもあり、リリース以前からネット上で盛んに宣伝された。アルバムのリリースに先立ち、数週間にわたり、 "Secret Weapon"、"Shut It Down"、"Drowning"、"You're on Fire"、"Contention" の順に、日曜日ごとに新曲がネット上で公開された。2007年7月8日の日曜日には、バンドの PureVolume のページで、"Angels" の音源が、誤って "Contention" として公開された。この誤りは間もなく訂正されたが、おかげでファンたちは新アルバムの曲に1曲多く聴くことになった。CD全体は、リリースに先立って7月1日から、バンドの Myspace ページで試聴可能となっていた。

"Shut It Down" のミュージック・ビデオは、当時の Gospel Music Channel(後の Up)のロック・ブロック (Rock Block) で盛んに放映された。

トラック・リスト[編集]

楽曲はすべてマイク・ヘレーラ英語版の作品である。

# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「Secret Weapon」(featuring Brian Baker of Bad Religion)    
2. 「Shut It Down」(featuring Tim Pagnotta of Sugarcult)    
3. 「Here's to the Life」    
4. 「Top of the Charts」    
5. 「Punk Rawk Celebrity」    
6. 「Contention」    
7. 「Angels」    
8. 「Drowning」    
9. 「Chop Shop」    
10. 「You're on Fire」    
11. 「Bass So Low」    
12. 「Sad Sad Song」    
13. 「Never Better Than Now」    
14. 「Biting the Bullet (Is Bad for Business)」    
15. 「Not Nothing」    
16. 「Tightly Wound / All About Nothing」(hidden track - featuring Benji Madden of Good Charlotte)    
合計時間:

1曲目ではバッド・レリジョンブライアン・ベイカー英語版、2曲目ではシュガーカルトのティム・バグノッタ (Tim Pagnotta) が、フィーチャーされており、隠しトラックとなっている16曲目ではグッド・シャーロットベンジー・マッデンがフィーチャーされている。

アナログ盤とスペシャル・エディションの追加収録曲[編集]

スタンダード盤に収録されている16曲に加え、以下の3曲が追加されている。

# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
17. 「The Hoo-Ha Jangle」    
18. 「Madcap Scheme」    
19. 「Throw Your Body in the Air / All About Nothing」(hidden track)    

18曲目は隠しトラックとなっている

[編集]

2008年、このアルバムは、第39回GMAダブ・アワード英語版において、ダブ・アワード英語版「最優秀ロック・アルバム (Rock Album of the Year)」にノミネートされた[5]

パーソネル[編集]

  • マイク・ヘレーラ - リードボーカル、ベース
  • トム・ウィスニウスキー (Tom Wisniewski) - ギター、バックボーカル
  • ユーリ・ルーリー (Yuri Ruley) - ドラム

脚注[編集]

  1. ^ a b Review: MXPX – Secret Weapon”. Canyouseethesunset.com (2007年8月9日). 2013年2月15日閲覧。
  2. ^ a b Mxpx "Secret Weapon" | Reviews”. Indie Vision Music. 2013年2月15日閲覧。
  3. ^ a b MxPx Secret Weapon : B | WEEKEND”. Idsnews.com (2008年2月20日). 2013年2月15日閲覧。
  4. ^ Allmusic review
  5. ^ Nominations Announced for 39th GMA Dove Awards on CBN.com (February 14, 2008)