シンメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Schimmel
企業形態 非公開
業種 楽器
設立 1885年
創業者 ヴィルヘルム・シンメル
本社 ドイツ・ブラウンシュヴァイク
主要人物 Hannes Schimmel-Vogel (CEO)
製品 グランドピアノおよびアップライトピアノ
ウェブサイト schimmel.de
テンプレートを表示
ヴィルヘルム・シンメルと工場労働者、1896年。
シンメルピアノの内部

ヴィルヘルム・シンメル・ピアノフォルテファブリック(Wilhelm Schimmel Pianofortefabrik)GmbH、通称シンメルドイツピアノ製造会社である。生産数が多く、ドイツ最大のピアノメーカー。クリスタル・ピアノの開発などでも知られる。数世代にわたってシンメル家による同族経営を続けている。現在の主要株主は中国のパールリバー・ピアノグループである。

概要[編集]

1885年、ヴィルヘルム・シンメル (Wilhelm Schimmel) によってライプツィヒで創業され、1939年ブラウンシュヴァイクに移転した。アップライトピアノの小型化を成し遂げたメーカーであり、大量生産の利を生かし普及価格帯からのラインナップを持つ。クリスタル・ピアノルイジ・コラーニのデザインした "Pegasus" ピアノ等も製造する。かつてヤマハが日本代理店であった。

1961年にフランスのガヴォー・エラール・プレイエルを買収、25年間、プレイエルのピアノを生産した。

2009年8月に経済危機を受けて破産手続きを申請した[1]。特に米国向けの受注が激減したことが要因となっている[2]。2010年4月、会社が財政的に再建された後、再び支払能力があり健全となり、ドイツ当局による保護状態が解かれた。

2010年5月、ブラウンシュヴァイクのブラウンシュヴァイク大聖堂英語版で125周年の特別式典が開催され、いくつかの新モデルが発表された。

2016年1月、中国のパールリバー・ピアノグループがシンメルの株式の90%以上を取得した[3]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.newsclick.de/index.jsp/menuid/10195179/artid/10731378
  2. ^ http://www.abendblatt.de/wirtschaft/article1125234/Klavierbauer-Schimmel-schlittert-in-die-Pleite.html
  3. ^ Scally, Derek (2016年4月23日). “Facing the music: how China is buying Germany’s piano industry”. Irish Times (Berlin). https://www.irishtimes.com/business/manufacturing/facing-the-music-how-china-is-buying-germany-s-piano-industry-1.2621028 2017年4月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]