シンマナサック・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シンマナサック・スタジアム(英表記Singmanasak Studium)は、タイパトゥムターニー県タンヤブリー郡にある国技ムエタイ専用の競技施設(国際式ボクシングも実施)。収容人数は1000人にも満たない。空調設備があり快適に観戦できるが、試合の質に大きなバラつきがあり、付近に住宅地や商業地が少ないことと駐車場がないが、地域の人で常に立錐の余地も無い超満員となる。(同県内で常設施設の中では最も権威をもつムエタイ試合会場で国内でも第三のメジャースタジアム)ランシット・インターナショナルボクシングスタジアムとは協力関係にある。首都バンコクラジャダムナンルンピニー両スタジアム二大殿堂は権威ある施設のため、女性は試合はおろかリングに上がることもできないがランシットやシンマナサックでは可能。

シンマナサック・ムエタイスクールを併設し、数多くの欧米人・日本人がムエタイを学んでいるという。この学校でムエタイを学びながら、スタジアムで試合をする選手も多い。そうしたニーズを踏まえ、このスタジアムではムエタイ及び国際式ボクシングのローカル王座(ナショナル王座未満)を認定して近い将来は暫定王座設置も期待されている。日本でいうと、大森ゴールドジム的な施設といえよう。

WBC世界ボクシング評議会の直系のWBCムエタイやABCOアジアボクシング評議会やPATタイ王国プロボクシング協会とは協力関係に有る。


歴史[編集]

試合開催日[編集]

数ヵ月後置きに、年に3・4回、土曜日の夜実施。

スタジアムの運営[編集]

プロモーター[編集]

同支配人マノップ・ランチュオム(創業者マノス・ランチュオムの実弟、日本でもお馴染みのK-1ファイター、ナックモエプロボクサーシリモンコン・シンワンチャーの実父)が興行主務める。

入場料は無料、その他スポンサー収入、併設された飲食店やグッズショップの売上で運営をまかなっている。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]