シンジケートローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シンジケートローン英語: Syndicated loan)とは、借入人に対して、複数の貸付人(金融機関)が同一の契約で実施する融資(ローン)のこと。略してシローンとも呼ばれる。

概要[編集]

企業に対する協調融資の一種であり、複数の貸付人(シンジケート団)が一つ融資(ローン)を組成(シンジケーション)するものである。

借入人である企業にとっては、間接金融である相対融資と、直接金融である社債の中間的な性質をもつ資金調達手段である。その性質から、利用できるのは一定程度の信用力がある中堅企業・大企業が中心となる。

契約・条件・貸付人(投資家)招聘を取りまとめて組成する「アレンジャー」と、貸付期間中の管理の取りまとめを行う「エージェント」が設置される。一般的にはメインバンクが双方を務めることが多いが、それ以外の金融機関が務める場合もある。

日本国内においては、契約書はJSLA(日本ローン債権市場協会)の標準契約書をベースにすることが多い。また、債権譲渡もJSLAの契約をベースに行われている。

当事者[編集]

借入人
融資の借入人。アレンジャーの指名(マンデート)を行う。基本的には、借入の調整は基本的にはアレンジャーとのみ行い、借入後の事務はエージェントのみと行う。
貸付人(シンジケート団)
アレンジャーが貸付人を招聘し、エージェントが融資事務管理を行う。なお、アレンジャー・エージェントはアレンジメント業務・エージェント業務を受託するのみで貸付を行わない場合もあり得る。
  • アレンジャー(幹事) - 借入人から指名を受けて、借入人との条件調整、貸付人の招聘等を行う。借入人より組成手数料(アレンジメントフィー)を受領する。
    • ブックランナー(主幹事) - アレンジメント業務を実質的に取り仕切る者
    • マンデーテッドリードアレンジャー(主幹事) - 借入人よりアレンジャーのマンデートを受けた者の称号
    • リードアレンジャー(主幹事) - アレンジャーが複数いる場合に序列を表すために使用されることがある称号
    • ジョイントアレンジャー・共同アレンジャー(共同幹事) - アレンジャーが複数いる場合に使用されることがある称号
    • コアレンジャー(副幹事) - アレンジャーに準じた名誉的な称号としてコアレンジャーの名称が使われることもある。実質的にパーティシパントに近い。
  • パーティシパント(参加者/参加金融機関/参加行/投資家) - 特別な役割が与えられていない貸付人。「平参加」ともいう。
  • エージェント - 融資事務を受託し、借入人と貸付人の間に入り窓口となる。借入人より事務手数料(エージェントフィー)を受領する。以下の通り業務別に複数のエージェントで役割分担を行う場合もある。
    • ファシリティエージェント - 借入人からの通知の貸付人への取次や、貸付人の意思決定の取りまとめ等を実施
    • ペイイングエージェント - 資金決済関連の事務を実施
    • セキュリティエージェント - 担保管理関連の事務を実施

種類[編集]

ローン形態
  • タームローン
基本的に長期(1年以上)の融資形態。主に設備投資資金、長期の運転資金、借り換え(リファイナンス)資金等に活用。
  • コミットメント型タームローン
タームローンのうち、定められた期間内に実行が可能な形態。設備投資資金で実行時期が複数に分かれる場合等に活用。
  • コミットメントライン
定められた限度額・期間内で実行可能な短期の融資形態。主に運転資金等に活用。
募集方式
  • クラブディールシンジケーション
既存取引金融機関など限られた金融機関によりシンジケート団を組成
  • ジェネラルシンジケーション
新規取引金融機関などを幅広く募集してシンジケート団を組成
組成の方式
  • アンダーライト方式
アレンジャーが組成額全額の融資を引き受ける方式。貸付人を集められない場合はアレンジャーが融資を行う必要がある一方、アレンジメントフィーが相対的に高い傾向にある。
  • ベストエフォート方式
アレンジャーが組成額全額を引き受けない方式。貸付人が集まらない可能性もあるが、アレンジメントフィーが相対的に安い傾向にある。

手順[編集]

組成・実行
  • アレンジャーが借入人に条件を提案(タームシートを提示)
  • 借入人がアレンジャーにマンデートを付与(マンデートレターを提出)
  • アレンジャーが貸付人候補にインフォメーションメモランダム(案件説明資料)を提示し、招聘活動開始(ローンチ)
  • 貸付人候補はコミットメントレター(参加表明書)をアレンジャーに提出
  • アレンジャーが各貸付人への融資金額の割当(アロケーション)を確定
  • アレンジャーが契約書の調整・作成を実施
  • 契約書調印 - 当事者が多いため、各当事者が押印した調印頁をエージェントに送り、エージェント側で製本することが多い
  • 融資実行 - 各貸付人がエージェント口座に
管理・返済
  • 借入人は元利払いをエージェントに一括で行い、エージェントから各貸付人に分配することが多い
  • 借入人はコベナンツに規定された資料提出は、エージェントに一括で行い、エージェントから各貸付人に資料展開されることが多い

契約[編集]

複数の貸付人が同一の契約書に調印するため、標準化されたJSLA(日本ローン債権市場協会)の標準契約書を使う。また、コベナンツが付される事が多い。

主なコベナンツ
  • 報告・情報提供義務条項
  • 担保制限(ネガティブ・プレッジ)条項
  • 財務制限条項

メリット・デメリット[編集]

借入人のメリット
  • 取引金融機関の拡大ができる
  • 複数金融機関からの多額の資金調達ができる
  • 複数金融機関からの借入の窓口をアレンジャー・エージェントに一本化による事務手間の削減ができる
借入人のデメリット
  • 手数料(アレンジメントフィー、エージェントフィー等)が必要
アレンジャーのメリット
  • 手数料の獲得により採算性を高めることができる
  • 他の貸付人を招聘することで、自身の融資額(与信額)を減らすことができる
アレンジャーのデメリット
  • アンダーライト方式の場合、貸付人を集められないと自身で組成額全額を融資する必要がある
貸付人(パーティシパント)のメリット
  • 直接取引関係がなかった企業に対し貸付ができる
貸付人(パーティシパント)のデメリット
  • 相対取引に比較して経済条件が悪い(金利が低い)場合がある
  • 借入人と直接やりとりができず、関係を深められない

市場[編集]

全国銀行協会の統計によると、日本のシンジケートローンの市場規模は以下の通り[1]

  • 組成件数(2020年):2,968件(タームローン1,675件、コミットメントライン1,293件)
  • 組成金額(2020年):34兆5,358億円(タームローン18兆7,397億円、コミットメントライン15兆7,961億円)
  • 残高(2020年12月末):94兆3,830億円(タームローン68兆182億円、コミットメントライン26兆3,648億円)

事例[編集]

典型的な例
  • 借入人の大企業(主に東京大阪に所在)のメインバンク(メガバンク等)がアレンジャーになり、地方銀行の東京支店・大阪支店等がパーティシパントとして参加(社債による資金運用と同様)。
  • 借入人の地域有力企業のメインバンク(地方銀行)がアレンジャーになり、地域金融機関(第二地方銀行信用金庫信用組合等)が参加。

脚注[編集]

外部リンク[編集]