シンシア・ウェーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シンシア・ウェーバーCynthia Weber)は、イギリスの政治学者。専攻は、国際関係論ジェンダー論。

アリゾナ州立大学大学院で博士号取得。パデュー大学ランカスター大学を経て、現在、サセックス大学国際関係論教授。

著作[編集]

単著[編集]

  • Simulating Sovereignty: Intervention, the State, and Symbolic Exchange, (Cambridge University Press, 1995).
  • Faking It: U. S. Hegemony in a "Post-Phallic" Era, (University of Minnesota Press, 1999).
  • International Relations Theory: A Critical Introduction, (Routledge, 2001, 2nd ed., 2005, 3rd ed., 2009).
  • Imagining America at War: Morality, Politics and Film, (Routledge, 2005).

共編著[編集]

  • State Sovereignty as Social Construct, co-edited wiht Thomas J. Biersteker, (Cambridge University Press, 1996).
  • Rituals of Mediation: International Politics and Social Meaning, co-edited with Francois Debrix, (University of Minnesota Press, 2003).