シンクネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シンクネット (Thinknet) とは、研究者や各界のリーダーをはじめとしたネットワークを基盤として、公共政策に関する分析・研究或いは提言、関与を通して広報活動或いは対話を展開するネットワーク型シンクタンクのこと。企業商号としても使用される名称のひとつ。

シンクネットの主な一例として、構想日本などが挙げられ、自治体行政との協働により行政改革その他の事業を推進し、広報活動とともにシンポジウムなどを展開しながら、多くの主体とネットワークをしていくような活動が展開されている。

グローバル・シンクネット[編集]

グローバル・シンクネットとは、日本国際交流センターの国際的な製作共同研究・政策対話の核をなす事業で、内外の研究機関は研究者と広範なネットワークを組み、多様化する政策課題に最適な人材を世界中から臨機応変に組織し、研究の質を広がりをグローバルなものにするネットワーク型シンクタンクを意味するものである[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『Guidance for Governance in the 21st Century -第4回グローバル・シンクネット東京会議- The JCIE Papers:34』 日本国際交流センター 2000年10月 p.35. 山本正
    「グローバル・シンクネット・プロジェクトは、みなさまご承知のとおり、日本国際交流センターの山本理事長の相違によるもので、私は、世界のシンクタンクのネットワークを作ろうという彼の考え方の支持者の一人であります」
    前掲“Guidance for Governance in the 21st Century” p.40. 笹川陽平
    東京会議は2000年5月29-30日に開かれた。以下は参加者リストから抜粋。pp.59-62
    荒井耕一郎 (財)国際通貨研究所調査部長
    浅尾慶一郎 参議院議員
    William T. Breer 戦略国際問題研究所日本部長
    藤井宏昭 国際交流基金理事長
    福川伸次 電通電通総研研究所長
    John J. Hamre 戦略国際問題研究所所長・元国防総省副長官
    林芳正 参議院議員
    入山映 笹川平和財団理事長
    加藤秀樹 「構想日本」代表
    加藤紘一 衆議院議員
    木内嶢 新生銀行経済顧問
    小杉隆 衆議院議員
    近藤剛 伊藤忠常務取締役経営企画担当補佐
    松沢成文 衆議院議員
    小和田恆
    佐々木知子 参議院議員
    山中あき子 衆議院議員

関連項目[編集]