シロヤマブキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シロヤマブキ
Rhodotypos scandens4.jpg
大阪府 2008年4月(植栽)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: シロヤマブキ属 Rhodotypos
: シロヤマブキ R. scandens
学名
Rhodotypos scandens (Thunb.) Makino
和名
シロヤマブキ(白山吹)

シロヤマブキ(白山吹、学名:Rhodotypos scandens)はバラ科シロヤマブキ属落葉低木

特徴[編集]

高さは1-2m。に対生し、2-5mmの葉柄をもち、単葉。葉の形は卵形で先が尖り、基部は円形または心形、縁には鋭い重鋸歯(じゅうきょし)があり、葉脈のしわが目立つ。長さ5-10cm、幅2-5cm。

花期は4-5月で、径3-4cmの両性花を側枝の先端に一つずつ咲かせる。花弁は4枚で白色。果実痩果で、1花に光沢がある黒色の実を4個ずつつける。翌春まで残る場合がある。

分布と生育環境[編集]

日本では本州の中国地方に分布し、石灰岩地に稀に自生する。東アジアでは朝鮮中国に分布する。また、観賞用に全国の植物園や庭などに植栽されている。

ギャラリー[編集]

Status[編集]

絶滅危惧IB類 (EN)環境省レッドリスト

Status jenv EN.png

似たもの[編集]

北海道、本州、四国、九州に分布するヤマブキ(Kerria japonica (L.) DC. )は、本種とは別である。ヤマブキの花弁は5枚で、色はヤマブキ色。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔他編『日本の野生植物 木本Ⅰ』、1989年、平凡社