シロスジカミキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シロスジカミキリ
Batocera lineolata
Batocera lineolata from Japan
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
上目 : Coleopterida
: 甲虫目(鞘翅目) Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目(多食亜目) Polyphaga
下目 : ヒラタムシ下目 Cucujiformia
上科 : ハムシ上科 Chrysomeloidea
: カミキリムシ科 Cerambycidae
亜科 : フトカミキリ亜科 Lamiinae
: シロスジカミキリ族 Batocerini
: シロスジカミキリ属 Batocera
: シロスジカミキリ B. lineolata
学名
Batocera lineolata
Chevrolat1852[1]
シノニム


英名
White stripe long-horned beetle

シロスジカミキリ(白筋髪切、学名: Batocera lineolata)は、コウチュウ目(鞘翅目)カミキリムシ科に分類される甲虫の一種。日本に分布するフトカミキリ亜科の最大であって、雑木林によく生息する南方系のカミキリムシである。

形態[編集]

触角を除いた成虫の体長は5cm前後。体は光沢のない灰褐色で、前翅には黄色の斑紋や短いすじ模様が並び、前胸の背中側にも2つの縦長の斑点がある。ただし、これらの模様は死ぬと白色になり、和名もこれらの「白いすじ模様」に由来する。また、体側には複眼のすぐ後ろから尾部まで太い白帯模様が走っているが、これは上からは判りにくい。触角の長さは体長の1倍-1.5倍ほどで、オスの方が触角が長い。頭部はゴマダラカミキリなどに比べて複眼が大きく、発達した大顎も相まっていかつい風貌である。

生態[編集]

北海道、本州、四国、九州に分布。平地-低山地の落葉広葉樹林に生息する。

幼虫クリクヌギナラなど、ブナ科樹木の生木の材部を食害する。成虫とも同様の樹種に依存して生活し、そららの樹皮や芽を後食する。人為的に植樹されたクリ畑にもよくみられる。

成虫は期に出現。主として夜行性。日没から夜明け前にかけて、後食、生殖、飛翔といった行動を行う。灯火にも飛来する。日中は木の梢や木の周囲の茂みなどにひそむが、日がかげっている時や森林内では明るい時間帯でも飛翔していることがある。

交尾が終わったメスは生木の幹の低い所にやってきて、木の皮をかじって円形の穴をあけて産卵する。メスは横に移動しながら次々と産卵するので、木の幹には産卵痕が輪状に残る。それらの産卵部位では師管道管も損傷するので、樹皮が再生してもささくれ立ったような状態になったり、こぶ状に肥大したりする。

孵化した幼虫は樹皮下に食いこんで材部を食べる。幼虫が材部を掘り進むとトンネルができ、木の強度が弱くなって折れやすくなる。殊にシロスジカミキリは大型になるうえ、3年-4年かけて成長するので木へのダメージも大きい。強風などでクリやコナラの太い木が根元から折れてしまうことがあるが、これも材部がシロスジカミキリに食い荒らされたことによるものが多い。

充分に成長した幼虫は幹の中でになり、羽化した成虫は木の幹に直径2cm-3cmほどの円形の穴を開けて外に姿を現す。

ブナ科樹木を食い荒らすのでクリ畑などでは重要な害虫だが、雑木林の新陳代謝を促す一面もある。また、成虫の脱出痕や産卵痕からは樹液が染み出す[2]ので、カブトムシクワガタムシ類をはじめとした昆虫類が多数集まる。

なお、天敵の一つとしては、幼虫に寄生するハチコマユバチ科のウマノオバチ Euurobracon yokohamae Dalla Torre1898 が知られる。長い産卵管を木の幹に突き刺し、幹にひそむ幼虫に産卵する。卵から孵化したハチの幼虫はカミキリムシ幼虫の体を食べて成長する。

分布[編集]

インド東部から朝鮮半島日本まで東南アジアに広く分布する。日本では本州以南(本州、佐渡島淡路島隠岐四国沖の島 (高知県)九州対馬壱岐五島列島奄美大島徳之島[1])に分布するが、標高の高い山地には少ない。

シロスジカミキリ属[編集]

シロスジカミキリ属(シロスジカミキリぞく、学名: Batocera)は、カミキリムシ科の一つ。東南アジアに広く分布する。カミキリムシ類の中でも大型種の部類に入る。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2013年7月18日閲覧。
  2. ^ 森上信夫 『樹液に集まる昆虫ハンドブック』 文一総合出版2009年、3-4頁。ISBN 978-4-8299-1025-2
  3. ^ 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2013年7月18日閲覧。
  4. ^ Thomas Thomson (1817-1878) botanist or Carl Gustaf Thomson (1829-1899) entomologist

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]