シルヴァー・ポニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シルヴァー・ポニー
カサンドラ・ウィルソンスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年11月 スペイン
2009年12月 ニューオーリンズ パイアティ・ストリート・スタジオ
ジャンル ジャズ
時間
レーベル ブルーノート・レコード
プロデュース カサンドラ・ウィルソン、ジョン・フィッシュバッハ
専門評論家によるレビュー
カサンドラ・ウィルソン アルバム 年表
クローサー・トゥ・ユー〜ザ・ベスト・ポップ・ヒッツ・コレクション
(2009年)
シルヴァー・ポニー
(2010年)
アナザー・カントリー
(2012年)
テンプレートを表示

シルヴァー・ポニー』(Silver Pony)は、アメリカ合衆国の歌手、カサンドラ・ウィルソン2010年に発表したアルバム。日本で先行発売された[1]スペインにおけるライヴ録音と、ニューオーリンズにおけるスタジオ録音が混在した内容である[2][3]

背景[編集]

アルバムのタイトル及びジャケットは、ウィルソンの幼少時の思い出に基づいている。ある日、自宅の近所にポニーを連れた男が来て、代金を払えば写真を撮ると言い、兄は断ったがウィルソンはポニーに乗り写真を撮ってもらったという[2][4]。なお、本作のCDブックレット中には、ジャケット・デザインの元になった実際の写真も掲載されている。

恋人よ我に帰れ」や「セント・ジェームズ病院」は、前作『ラヴァリー〜恋人のように』(2008年)でも録音された曲のライヴ・ヴァージョン。「サドル・アップ・マイ・ポニー」は、チャーリー・パットンが「ポニー・ブルース」というタイトルで発表した曲のカヴァーで、ウィルソンは『デイリー・テレグラフ』紙のインタビューで「巷ではロバート・ジョンソンなら少しは知られていて、彼がデルタ・ブルースの父とみなされているけど、チャーリーこそが真のパイオニアなのよ」と語っている[4]

「ウォッチ・ザ・サンライズ」はジョン・レジェンドが提供した曲で[5]、レジェンドはレコーディングにもボーカルとピアノで参加した[6]。なお、The Rootに掲載されたウィルソンのインタビューによれば、レジェンドはウィルソンのアルバム『ニュー・ムーン・ドーター』(1995年)を愛聴していたとのことで、「私は驚いたし、光栄に思ったけど、彼に会ってみると本当に謙虚な人だった」と語っている[5]

反響・評価[編集]

アメリカでは総合アルバム・チャートのBillboard 200入りを逃すが、『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートでは6位、トップ・ヒートシーカーズでは21位を記録した[7]

Steve Leggettはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「ウィルソンと彼女のバンドは、秀逸かつ殆ど継ぎ目のない音楽一式を創造し、実に多くの領域を探求している一方で、まとまりも取れている」と評している[6]。また、Lewis J. WhittingtonはAll About jazzにおいて5点満点中4.5点を付け「『シルヴァー・ポニー』のタイトであり雑多でもあるプログラムは、ジャズ/ブルース歌手カサンドラ・ウィルソンが絶好調にあることを表している」と評している[3]

収録曲[編集]

特記なき楽曲はカサンドラ・ウィルソン、レジナルド・ヴィール、ハーリン・ライリー、ジョナサン・バティステ、マーヴィン・スーウェル、レカン・ババロラの共作。

  1. 恋人よ我に帰れ - "Lover Come Back to Me" (Oscar Hammerstein II, Sigmund Romberg) - 6:51
  2. セント・ジェームズ病院 - "Went Down to St. James Infirmary" (Traditional) - 7:14
  3. セビリアの夜 - "A Night in Seville" - 3:00
  4. シルヴァー・ムーン - "Beneath a Silver Moon" - 6:39
  5. サドル・アップ・マイ・ポニー - "Saddle Up My Pony" (Charley Patton) - 9:32
  6. イフ・イッツ・マジック - "If It's Magic" (Stevie Wonder) - 4:34
  7. フォーティ・デイズ・アンド・フォーティ・ナイツ - "Forty Days and Forty Nights" (Bernard Roth) - 4:59
  8. シルヴァー・ポニー - "Silver Pony" - 0:36
  9. ア・デイ・イン・ザ・ライフ・オブ・ア・フール - "A Day in the Life of a Fool" (Luíz Bonfá, Carl Sigman) - 7:35
  10. ブラックバード - "Blackbird" (John Lennon, Paul McCartney) - 6:46
  11. ウォッチ・ザ・サンライズ - "Watch the Sunrise" (John Stephens, Luke Laird, Steven Dale Jones) - 3:31

参加ミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日本初回盤CD (TOCJ-66535)帯
  2. ^ a b CDライナーノーツ(Larry Blumenfeld)
  3. ^ a b Whittington, Lewis J. “Cassandra Wilson: Silver Pony”. All About Jazz. 2015年12月17日閲覧。
  4. ^ a b Culshaw, Peter (2010年11月10日). “Cassandra Wilson: Jazz diva, priestess - and descendant of Henry VIII”. The Telegraph. Telegraph Media Group Limited. 2015年12月17日閲覧。
  5. ^ a b Johnson, Martin (2010年11月4日). “The Root Interview: Cassandra Wilson”. The Root. Univision Communications. 2015年12月17日閲覧。
  6. ^ a b Leggett, Steve. “Silver Pony - Cassandra Wilson”. AllMusic. 2015年12月17日閲覧。
  7. ^ Cassandra Wilson - Awards”. AllMusic. 2015年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月2日閲覧。