シルバラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シルバラード
Silverado
監督 ローレンス・カスダン
脚本 ローレンス・カスダン
マーク・カスダン
製作 ローレンス・カスダン
製作総指揮 マイケル・グリロ
出演者 ケヴィン・クライン
スコット・グレン
ケビン・コスナー
ダニー・グローヴァー
ブライアン・デネヒー
ジョン・クリーズ
ロザンナ・アークエット
ジェフ・ゴールドブラム
音楽 ブルース・ブロートン
撮影 ジョン・ベイリー
編集 キャロル・リトルトン
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年7月12日
日本の旗 1986年3月1日
上映時間 133分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $23,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $32,192,570[2]
テンプレートを表示

シルバラード』(原題: Silverado)は、1985年制作のアメリカ合衆国西部劇映画

ローレンス・カスダン監督・製作・脚本。出演者はケヴィン・クラインスコット・グレンケビン・コスナーダニー・グローヴァーブライアン・デネヒーロザンナ・アークエットジェフ・ゴールドブラム

あらすじ[編集]

ガンマンのエメットは姉が住む町シルバラードへ向かう途中、砂漠のど真ん中で下着一枚となった男ペイドンを拾い上げる。彼はかつて無法者だったが、仲間の裏切りに遭い身ぐるみ剥がされたという。立ち寄った町でペイドンは裏切った仲間の一人を見付け出して射殺し、そこで偶然かつての仲間だったコッブと再会し、彼から仕事話を持ちかけられる。しかし、足を洗うつもりでいたペイドンは断り、エメットと一緒にシルバラードへ行くことにする。二人は別の町で理不尽な理由で逮捕されそうになった黒人ガンマンのマルを助け出すが、町の保安官リングストンから、エメットの弟ジェイクが女絡みのトラブルで縛り首になることを知らされる。エメットはジェイクを助け出そうとするが、ペイドンが裏切った仲間を見付け射殺したため逮捕されてしまう。ジェイクとペイドンは脱獄してエメットと合流し、途中でラングストンの追手に見付かるが、マルに助けられ難を逃れる。三人はマルを仲間に引き入れてシルバラードに向かう。

四人はシルバラードに向かう開拓民の一団と遭遇し、彼らを襲った強盗から食料を取り戻す。その後、ペイドンは強盗に夫を殺されたハンナと共に入植地に同行し、マルは家族がいる開拓地に向かい、エメットとジェイクは姉夫婦の家に向かう。しかし、シルバラードでは土地の独占を企む牧場主マッケンドリックが傍若無人に振舞っており、マルの開拓地は焼き討ちに遭い、彼の父エズラもマッケンドリックの手下に殺されてしまう。ハンナと別れて町に入ったペイドンは酒場のマスター・ステラと意気投合するが、その酒場はコッブの所有物であり、彼はマッケンドリックの手下として保安官を務めており、ペイドンはコッブに雇われて酒場の用心棒となる。エメットはジェイクと共にカリフォルニア州に移住することを決め、ハンナに別れを告げに行くが、そこにマッケンドリックの手下たちが現れ入植地を襲撃する。エメットはジェイクと共にマッケンドリックの手下を撃退し、マッケンドリックとの対決を決意するが、油断したところを捕まってしまい殺されそうになる。駆け付けたマルに助け出されたエメットは彼の家に匿われるが、マルはコッブに捕まり投獄されてしまう。

マッケンドリックの手下たちはエメットの妹夫婦の家を襲撃し、放火した後にジェイクと甥を連れ去っていく。マッケンドリックのやり方に憤ったペイドンは彼の元を去ろうとするが、コッブはステラの身の安全を盾に肩入れしないように脅迫する。しかし、ステラに励まされたペイドンはエメットの元に向かい、同じ頃にマルも妹レイに助け出され、エメットと合流する。三人はマッケンドリックの牧場を襲撃してジェイクと甥を助け出し、決着を付けるため町に向かう。マッケンドリックは町で待ち構えており銃撃戦となる。マッケンドリックはエメットに手傷を負わせるが、追跡中にエメットの馬に蹴り殺され、コッブはペイドンとの一騎打ちで倒される。マルはレイと共に町を離れ、ペイドンは新しい保安官に任命される。エメットとジェイクは二人と妹家族と別れを交わし、カリフォルニア州に向けて旅立つ。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]