シルディ・サイ・ババ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シルディ・サイ・ババ

シルディ・サイ・ババ英語Shirdi Sai Baba, 生年不詳 - 1918年10月15日)は、別名「シルディのサイ・ババ」と云われたインドの霊的指導者。身長189㎝。なお、サイ・ババの正確な発音は、サーイー・バーバー(Sāī Bābā)である。

人物[編集]

若き日のサイ・ババ

サイ・ババはヒンドゥーヨーガ行者 (yogi) 、イスラームの修行僧 つまりファキール(fakir) であり、没後も数多くのイスラーム教徒・ヒンドゥー教徒から聖者として崇められている。

ヒンドゥー教徒の中には、シルディ・サイ・ババをシヴァダッタートレーヤー、またはカビールの生まれ変わりであると信じている者もおり、真の霊性の師 (satguru)として広く信仰されている。

呼称[編集]

「サーイー・バーバー(サイ・ババ)」という名は、イスラーム文化とインド文化が混合した呼称である。サーイー (Sāī) は、ペルシャ語で「聖なる者」、「聖者」を表し、通常、イスラム教の苦行者を意味する。また、バーバ ー(Bābā) は、インド語圏で「父」を示す。2つの信仰が1人の聖者によって融合し、「サーイー・バーバー = 聖なる父」という名称が生まれる。

前史[編集]

サイ・ババはマハーラーシュトラの町はずれのシルディという村で生まれたが、16歳になるまでの人生(出生、両親)は謎に満ちており、多数の仮説・推測が提議されている。

逸話[編集]

盗みを働いた男が警察に捕まった。男は腹いせに、「あいつに言われてやったんだ」とサイ・ババの名を挙げる。サイ・ババは既に名が知られていた。無論、警察は信じない。しかし冗談まじりに、「勿論ウソですよね」と聞きに行く。サイ・ババは言う。「そうだ、私に言われてやったのだ。全ての人は神の思し召しで行動しているのだから。」

この一言により、サイ・ババは神の化身と崇められるようになった。

関連項目[編集]