シルクブラボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シルクブラボー
欧字表記 Silk Bravo
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 2000年2月6日
死没 2011年1月14日(11歳没)
抹消日 2006年3月31日
Cozzene
Monica Faye
母の父 Wolf Power
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Dr. Koichiro Hayata
馬主 シルクホースクラブ
調教師 松元茂樹栗東
競走成績
生涯成績 12戦3勝(中央競馬
1戦0勝(地方競馬
獲得賞金 67,144,000円
テンプレートを表示

シルクブラボー日本競走馬2002年中央競馬デイリー杯2歳ステークスを制した。2006年4月より功労馬となった。

戦績[編集]

2002年6月22日に阪神競馬場新馬戦でデビュー。金折知則が騎乗し、出遅れてのスタートで4着となる。7月6日に出走した阪神競馬場の新馬戦で、2着に9馬身差を付け初勝利を挙げる。9月14日に新潟競馬場で行われたカンナステークスから騎手後藤浩輝に替わり、ここでも1着となる。10月12日に京都競馬場で行われたデイリー杯2歳ステークスでは逃げ、2着ブルーイレヴンに2馬身2分の1の差を付けて重賞勝ちを果たす[1]朝日杯フューチュリティステークスの有力候補に推されたが、調教中に右肩跛行を発症したため出走を回避[2]。さらに左脚の脛骨骨膜炎を発症した[3]

2003年4月6日に阪神競馬場のマーガレットステークスで4着となり、連勝が3で止まる。NHKマイルカップを目指し調整されたが、結局体調不良を理由に回避した[4]。秋はマイルチャンピオンシップを目標とした[4][5]が、東京盃スワンステークスでともに二桁着順の大敗。GI競走への出走はついに実現しなかった。

1年あまりの休養から復帰したあとも不振が続き、2005年11月の清水ステークスのレース後に左前脚に繋靭帯炎を発症し、2006年3月31日をもって日本中央競馬会 (JRA) の競走馬登録を抹消された[6]

競走馬引退後[編集]

競走馬引退後は福島県にある天栄ホースパークで新人スタッフの騎乗練習用の乗馬として繋養されていたが、2011年1月14日に[7]ケガのため死亡した。ノーザンファーム天栄に墓がある[8]

血統[編集]

シルクブラボー血統グレイソヴリン系 / Princequillo 9.38% 4x5) (血統表の出典)
父系

Cozzene
1980 芦毛 アメリカ
父の父
Caro
1967 芦毛 フランス
*フォルティノ
Fortino
Grey Sovereign
Ranavalo
Chambord Chamossaire
Life Hill
父の母
Ride the Trails
1971 鹿毛 アメリカ
Prince John Princequillo
Not Afraid
Wildwook Sir Gaylord
Blue Canoe

Monica Faye
1988 栗毛 アメリカ
Wolf Power
1978 芦毛 南アフリカ
Flirting Around Round Table
Happy Flirt
Pandora Casabianca
Blue Siren
母の母
Monica Anne
1981 黒鹿毛 アメリカ
True Knight *シャトーゲイ
Stealaway
Meadow Stream Native Dancer
Golden Trail F-No.4-r
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

半姉・シルクエスペランサの仔にプロキオンステークス根岸ステークス勝ちのシルクフォーチュンがいる[9]

脚注[編集]

  1. ^ シルクブラボー重賞初V 競馬のデイリー杯2歳S” (日本語). 共同ニュース. 47NEWS (2002年10月12日). 2011年10月24日閲覧。
  2. ^ シルクブラボー、朝日杯FS回避” (日本語). netkeiba.com (2002年12月4日). 2011年10月24日閲覧。
  3. ^ ニュースぷらざ” (日本語). 競馬ブックコーナー. NECインターチャネル (2003年1月7日). 2011年10月24日閲覧。 “シルクブラボー、NZTからマイルCへ”
  4. ^ a b ニュースぷらざ” (日本語). 競馬ブックコーナー. NECインターチャネル (2003年5月12日). 2011年10月24日閲覧。 “シルクブラボー体調不良でNHKマイルC回避”
  5. ^ ニュースぷらざ” (日本語). 競馬ブックコーナー. NECインターチャネル (2003年9月29日). 2011年10月24日閲覧。 “シルクブラボーは大井の東京盃から”
  6. ^ シルクブラボー、登録を抹消” (日本語). netkeiba.com (2006年4月3日). 2011年10月24日閲覧。
  7. ^ シルクブラボー” (日本語). 引退名馬詳細情報. 軽種馬育成調教センター. 2011年10月24日閲覧。
  8. ^ 被災地の功労馬等の安否情報と見学に関わるお願い” (日本語). 馬産地ニュース. 競走馬のふるさと案内所 (2011年3月24日). 2011年10月24日閲覧。
  9. ^ POGニュース 母は重賞勝ち馬シルクブラボーの半姉 / シルクフォーチュン” (日本語). UMAJIN POG. UMAJIN (2008年5月12日). 2011年10月24日閲覧。

外部リンク[編集]