シリルエノールエーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シリルエノールエーテルの一般構造

シリルエノールエーテルとは、エノラート酸素原子に有機ケイ素基が結合した構造の有機化合物群である。有機合成において重要な中間体である。

有機合成[編集]

有機反応[編集]

求核剤としての利用の一例

ケテンシリルアセタール[編集]

ケテンシリルアセタールは一般構造R-C=C(OSiR3)(OR') を持ち、アセタールケテンから得られる関連化合物である。

出典[編集]