シリマヴォ・バンダラナイケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはブラーフミー系文字(インド系文字)が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
シリマヴォ・バンダラナイケ
සිරිමාවෝ බන්ඩාරනායක
Sirimavo Ratwatte Dias Bandaranayaka (1916-2000) (Hon.Sirimavo Bandaranaike with Hon.Lalith Athulathmudali Crop).jpg
シリマヴォ・バンダラナイケ(1981年頃)
生年月日 (1916-04-17) 1916年4月17日
出生地 Flag of Ceylon (1875–1948).svg イギリス領セイロン
没年月日 (2000-10-10) 2000年10月10日(84歳没)
死没地 スリランカの旗 スリランカコロンボ
所属政党 スリランカ自由党
配偶者 ソロモン・バンダラナイケ
親族 チャンドリカ・クマーラトゥンガ(娘)
サイン Sirimavo Bandaranaike Autograph.jpg

在任期間 1960年7月21日 - 1965年3月27日
総督 オリヴァー・アーネスト・グーネティレック英語版
ウィリアム・ゴパッラワ
在任期間 1970年5月29日 - 1972年5月22日
総督 ウィリアム・ゴパッラワ

在任期間 1972年5月22日 - 1977年7月23日
大統領 ウィリアム・ゴパッラワ
在任期間 1994年11月14日 - 2000年8月10日
大統領 チャンドリカ・クマーラトゥンガ

在任期間 1960年 - 1994年
後任者 チャンドリカ・クマーラトゥンガ
テンプレートを表示

シリマヴォ・ラトワッテ・ディアス・バンダラナイケシンハラ語: සිරිමාවෝ රත්වත්තේ ඩයස් බණ්ඩාරනායක, ラテン文字転写: Sirimavo Ratwatte Dias Bandaranaike, タミル語: சிறிமாவோ ரத்வத்தே டயஸ் பண்டாரநாயக்கே1916年4月17日 - 2000年10月10日)は、スリランカ政治家

生涯[編集]

シリマヴォ・ラトワッテシンハラ語: සිරිමාවෝ රත්වත්තේ)として地主階級の裕福な家庭に生まれる。コロンボの聖ブリジット修道院英語版で教育を受けた。 1940年、24歳の時にスリランカ自由党の創設者だったソロモン・バンダラナイケと結婚した。1956年の総選挙で勝利した夫は首相に就任した。

1959年に夫が暗殺されると、シリマヴォは政界に身を転じた。世界初の女性首相として、3度(1960年-1965年、1970年-1977年、1994年-2000年)登板した。親ソ連的外交政策を採った。中華人民共和国の協力で後にコロンボ最大の会議場として多くの重要な会議が行われるバンダラナイケ記念国際会議場が建設される(そのため、毛沢東像がある)。

家族[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代
ダッドリー・セーナーナーヤカ
ダッドリー・セーナーナーヤカ
Flag of Ceylon (1951–1972).svg セイロン首相
第7代:1960年 - 1965年
第9代:1970年 - 1972年
次代
ダッドリー・セーナーナーヤカ
(共和制移行)
先代
(共和制移行)
チャンドリカ・クマーラトゥンガ
スリランカの旗 スリランカ首相
第9代:1972年 - 1977年
第15代:1994年 - 2000年
次代
J・R・ジャヤワルダナ
ラトナシリ・ウィクラマナカ
党職
先代
C・P・デ・シルバ英語版
スリランカ自由党議長
第3代:1960年 - 1994年
次代
チャンドリカ・クマーラトゥンガ
外交職
先代
フワーリー・ブーメディエン英語版
非同盟事務総長
第5代:1976年 - 1977年
次代
J・R・ジャヤワルダナ