ショーン・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショーン・ベイリー
Sean Bailey
Sean Bailey
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画プロデューサー
脚本家
映画監督
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ社長[1]
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ社長
活動期間 2008年 - 現在

ショーン・ベイリー(Sean Bailey)は、アメリカ合衆国映画プロデューサー。2010年にウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズウォルト・ディズニー・ピクチャーズの社長に就任した[1][2]

来歴[編集]

2000年ベン・アフレックマット・デイモンらと共にライヴプラネット社を設立し、中心的役割を果たした。

2004年から2008年にかけて、ライヴプラネット社の会長を続ける一方でABCスタジオの仕事にも参加するようになる[3]

2008年にベイリーはライヴプラネット社と別れる。その後ディズニーと契約し、1982年に公開された『トロン』の続編となる『トロン: レガシー』の製作に着手する[4]。『トロン: レガシー』の楽曲はダフト・パンクが担当し、グラミー賞 映画・テレビサウンドトラック部門にノミネートされた。

2010年1月、ベイリーはウォルト・ディズニー・スタジオの社長に就任し、ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズにて主に実写映画の製作を指揮することになった[2]。『マレフィセント』、『アリス・イン・ワンダーランド』、『シンデレラ』など過去のディズニーアニメーション映画の実写化もベイリーの指揮の下で行われており、大きな成功を収めている。

現在、ベイリーはウォルト・ディズニーとタッチストーン・ピクチャーズ全ての実写映画企画製作を統括総指揮している。

主な製作作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Executive Team”. The Walt Disney Studios. 2016年9月16日閲覧。
  2. ^ a b Graser, Marc (2016年8月30日). “Disney names Sean Bailey production chief”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118013784.html?categoryid=13&cs=1&ref=vertfilm 
  3. ^ Disney Names Sean Bailey Its New Production President”. 2016年8月10日閲覧。
  4. ^ The Hollywood Reporter | Heat Vision: 'Tron: Legacy' team mount a 'Black Hole' remake”. Heatvisionblog.com. 2016年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]