ショーン・オチンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーン・オチンコ
Sean Ochinko
トロント・ブルージェイズ(マイナー)
Sean Ochinko 2010 (1).jpg
トロント・ブルージェイズ傘下
A級ランシングでのオチンコ(2010年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 メリーランド州シルバースプリング
生年月日 1987年10月21日(26歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手三塁手指名打者
プロ入り 2009年 ドラフト11巡目(全体339位)
初出場 2009年7月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ショーン・ピーター・オチンコSean Peter Ochinko, 1987年10月21日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。

来歴[編集]

学生時代まで[編集]

1987年10月21日、メリーランド州で誕生、後にフロリダ州パークランドに移住する。ストーンマン・ダグラス高校(Stoneman Douglas High School )在学中は捕手として活躍し、2006年には「『ベースボール・アメリカ誌(Baseball America)が選ぶ2006年の高校生選手300傑』Baseball America's Top 300 High School Players of 2006 」に選定された。

奨学生として大学野球の名門ルイジアナ州立大学(LSU)に進学すると、捕手一塁手を兼任してNCAA(全米大学リーグ)に参戦し、同僚のジェレッド・ミッチェルJared Mitchell、のちの2009年MLBドラフトにおけるシカゴ・ホワイトソックス1巡目指名選手)、ルイス・コールマン(現カンザスシティ・ロイヤルズチャド・ジョーンズNFLニューヨーク・ジャイアンツでプレーした。)らと共にチームを牽引した。

2009年のCWS(カレッジ・ワールドシリーズ、College World Series)においては、第3戦の5打数4安打など活躍し、同大のCWS制覇に貢献した。 このシリーズ決勝戦後のインタビューに際し、LSUチームヘッドコーチ(NCAAにおいては実質的に「監督」を意味する)のポール・マイニエリ(Paul Mainieri) は、「ショーンについて一言。 彼はクラッチヒッター、それも左(投手)を打つのが上手い。」と評した[1]

NCAA2年目までの通算成績は103試合に出場して打率.275、11本塁打、53打点というものであったが、3年目の2009年シーズンでは出場65試合で自己最高記録打率.333、9本塁打、57打点を記録した[2]

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2009年6月9日に行われたMLBドラフト初日において11巡目(全体339位)でトロント・ブルージェイズから指名され、7月8日にドラフト指名選手中26番目に契約締結した旨を発表した[3]

契約締結早々の2009年7月9日、ブルージェイズ傘下のA-級オーバーン・ダブルデイズニューヨーク・ペンリーグ)の試合に先発捕手で出場してプロデビューを果たし、同日プロ入り初安打を記録した[4]

その後は2009年シーズンを通じて、捕手一塁手DHの各ポジションを兼任して出場し、最終的には52試合に出場して188打数61安打打率.324(リーグ2位)、出塁率.382(同10位)、長打率.527(同4位)、OPS.908(同2位)[5]の好成績を残した。シーズン終了後の2009年9月17日には、例年ブルージェイズが管下マイナーリーグ各階級の前年度優秀選手に対して行う「ハワード・ウェブスター賞」SSAの部において表彰された[6]

2010年は1A級ミッドウェストリーグ東地区のランシング・ラグナッツでプレー。捕手、一塁の他に、三塁手としても出場するようになった(捕手で45試合、一塁で16試合、三塁で22試合、指名打者で23試合に出場)。打撃成績は前年よりやや下降したものの、2年連続で打率3割を記録した(109試合の出場で打率.311、8本塁打、65打点、OPS.811)[7]8月15日には、プロ入り後初のサヨナラ本塁打を放った[8]。シーズン終了後には、「ハワード・ウェブスター賞」(Aの部)を2年連続で受賞した。複数回の受賞は、球団史上23人目である[9]

2011年はA+級フロリダ・ステートリーグ北地区のダニーデン・ブルージェイズでプレー。開幕当初は絶不調で、5月終了時点の成績は打率.201、4本塁打であった[10]。6月以降は復調し、最終的に自己最高の16本塁打(リーグ12位)、79打点(リーグ7位)をマークするなど、投手有利とされるフロリダ・ステートリーグで長打力の面においては成長を示したが、打率は自己ワーストの.261、OPSも.771に終わった。チームメイトに捕手有望株のA.J.ヒメネスがいたこともあって、指名打者での出場が46試合を数え、捕手での出場は31試合に留まった(他に一塁手で17試合、三塁手で28試合に出場)[7]

2012年もA+級のダニーデンからスタートしたが、AA級の正捕手A.J.ヒメネストミー・ジョン手術で離脱したことを受けて5月17日にAA級イースタンリーグ北地区のニューハンプシャー・フィッシャーキャッツに昇格した[11]。怪我もあって87試合しか出場できなかったが、A+級とAA級の合計で打率.278、9本塁打、42打点、OPS.765と及第点の成績を残した。この年は内野手としての出場が減り、大半が捕手としての出場だった[12]。シーズン終了後には教育リーグのアリゾナ・フォールリーグに参加した。

2013年2月には招待選手としてブルージェイズのキャンプに参加[13]。同年6月7日にAAA級のバッファロー・バイソンズに昇格[14]。しかし同年8月26日、禁止薬物であるアンフェタミンに陽性反応を示したとして、50試合の出場禁止処分を受けた[15]

プレースタイル[編集]

オチンコのバッティング

最大の魅力は、打撃力である。

身長は公称5フィート11インチ(約180.3cm)と捕手、一塁手にしては小柄な体格であるが、NCAA時代には、2009年CWS(College World Series)全米チャンピオンに輝いたLSUチームで主軸を任されており、NCAA3年目には打率.333、OPS.903を記録しているほか、プロ入り後も、マイナーリーグで1年目からクリーンナップを担っている。

特に対左投手に強く、マイナーリーグ初年度の成績においては、対右投手が打率.303なのに対して、対左投手では打率.391を記録している。2年目も、対右投手の打率.277に対して、対左投手は.392の高打率を残している[1]

ポジションは主に捕手であるが、NCAA時代の通算盗塁阻止率は21.8%と、それほど高い成績ではなかった[16][17][2]。そのため、NCAA3年目には正捕手の座をマイカ・ギブスMicah Gibbs2010年ドラフト3巡目でシカゴ・カブスに入団)に譲って一塁手としての出場機会が増えた。プロ入り後マイナーリーグ1年目における盗塁阻止率も20.8%にとどまっていたが、2年目は25%とやや改善した[7]。 マイナーリーグ2年目からはサードの守備にもついている。ただし守備率は92.6%とまだ発展途上のようである。

NCAA時代のチームメイトであったシカゴ・ホワイトソックスから1巡目指名されたジェレッド・ミッチェル(Jared Mitchell)よりも高い打率を残しながら、守備面や体格面を含めた総合的評価が高くなかったため、ドラフトにおける指名順位は11巡目と比較的低位なものとなった。打撃が良いため、「一塁手に専念すべきだ」という声もある[18]

人物[編集]

家族は、両親と弟2人[19]

MLB球団の中ではニューヨーク・メッツのファンであり、好きな野球選手は、1998年から2005年にかけてメッツに在籍したマイク・ピアッツァ捕手。また、NBAオクラホマシティ・サンダーに所属するケビン・デュラント選手のファンでもある。NFLではニューオーリンズ・セインツのファン。好きなアーティストは、カントリー歌手ティム・マッグロウTim McGraw)。

趣味は、釣りゴルフ卓球水泳ビリヤード学生時代は、両親の影響を受けてスポーツ少年であったほか、美術歴史に関心を持っていた。また、好きな本としてホセ・カンセコがMLBの薬物汚染を暴露した『Juiced〜禁断の肉体改造〜』、好きな映画として「ブレイブハート」を挙げていた。好みの異性タイプブロンド女性である[19][20]

敬虔なカトリック教徒であることを公言している[21]ニックネームは、“チンク (Chink) ”[20]であるが、たまたま同音語が米語俗語として意味する中国人に対する蔑称の意味は含んでいない。

NCAA時代には、試合における打席入場のテーマ曲に、レゲエ歌手エディ・グラントEddy Grant)のヒット曲、「エレクトリック・アベニュー」(Electric Avenue)を使用していた。

出演[編集]

テレビ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]