ショーン・エリオット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショーン・エリオット
Sean Elliott
名前
本名 Sean Michael Elliott
ラテン文字 Sean Elliott
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1968年2月2日(46歳)
出身地 アリゾナ州ツーソン
選手情報
ポジション SF
背番号 32(永久欠番)
ドラフト 1989年 3位

ショーン・エリオット(Sean Michael Elliott1968年2月2日-)は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手。アリゾナ州ツーソン出身。NBAサンアントニオ・スパーズに在籍した。

経歴[編集]

1988年スティーブ・カーと共に、アリゾナ大学を初のファイナル・フォーに導いた後、1989年のドラフトで一巡目にサンアントニオ・スパーズに選択される。 デトロイト・ピストンズの一員であった1993年-1994年のシーズンを除き、エリオットはその選手生命の全てをスパーズですごした。2001年に引退している。1999年にスパーズの一員として優勝を経験した後に、腎臓の病気にかかっていることを公表し、腎臓移植を受けた。1999年8月と2000年3月13日手術を受け、手術は成功に終わった。チームに復帰し、NBA史上初めて、腎臓移植後に復帰した選手になった。

通算成績は、1試合当たり14.2得点、4.3リバウンド、2.6アシストであった。1992年12月18日の対ダラス・マーベリックス戦で、1試合41得点の個人記録を出している。2004年現在、エリオットはABCスポーツとESPNのバスケットボール解説者である。

その他[編集]

  • スパーズ時代の背番号32番は、アリゾナ大学とスパーズで永久欠番になった。
  • 日系人の妻がおり、シーズンオフに妻のルーツである四国を訪れるなど、日本のファンにも馴染み深い存在だった。

外部リンク[編集]