ショワズール (オート=マルヌ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Choiseul
Blason ville & fam fr Choiseul (Haute-Marne).svg
Choiseul.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) オート=マルヌ県Blason département fr Haute-Marne.svg
(arrondissement) ショーモン郡
小郡 (canton) ブルボンヌ=レ=バン小郡
INSEEコード 52127
郵便番号 52240
市長任期 パトリック・パリゼル
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Bassigny
人口動態
人口 87人
2013年
人口密度 10人/km2
地理
座標 北緯48度03分32秒 東経5度34分06秒 / 北緯48.058888度 東経5.568333度 / 48.058888; 5.568333座標: 北緯48度03分32秒 東経5度34分06秒 / 北緯48.058888度 東経5.568333度 / 48.058888; 5.568333
標高 平均:? m
最低:m
最高:m
面積 8.63km2
Choiseulの位置(フランス内)
Choiseul
Choiseul
テンプレートを表示

ショワズールChoiseul)は、フランスグラン・テスト地域圏オート=マルヌ県コミューンショーモンの東40kmのところにある村である。村は、同じ名前の輝かしいショワズール家の発祥の地である。

地理[編集]

ショワズールはバシニー地方に属する。オート=マルヌ県とヴォージュ県の県境から数kmである。村の北側にあるサン・ニコラの丘は標高が400m以上である。ムーズ川の水源は村から15km離れたところにある。

歴史[編集]

伝説によると、村の名前はウェルキンゲトリクスに負うところがあるという。自らの息子たちを連れていく場所に、村の北にある丘を選んだ(choisi la colline、丘を選ぶ)。よってchoix-d'un-seul(一つの選択)と呼ばれたという。しかし、ウェルキンゲトリクスがフランス語を話せなかったことは確かである。フランス語が登場したのは中世初期だからである。

丘にはかつてショワズールの城、輝かしい一族のゆりかごがあった。フランス王国と神聖ローマ帝国の境界にあったショワズール男爵領は、誰もが渇望する位置を占めていた。

1573年、ショワズール城はシャルル9世の軍によって解体されてしまった。ユグノーたちがここに逃げ込んでいたからである。

1636年から1639年の間、ショワズールではペストが流行した。17世紀の三十年戦争では、クロアチア人とスウェーデン人が村を占領していた。

1665年、ショワズール家は公爵家に取り立てられた。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2009年 2013年
167 155 138 123 101 81 94 87

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[1]、2006年以降INSEE[2][3]

脚注[編集]