ショコラータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショコラータ
ジャンル ポップス
ニュー・ウェイヴ
活動期間 1982年 - 1986年
レーベル キングレコード
メンバー かの香織寺師徹横山英規渡辺蕗子塚原卓棚沢雅樹古田たかし
旧メンバー 渋谷ヒデヒロ岡野ハジメ松本晃彦市川マサズミ

ショコラータ(Cioccolata)は、1980年代に活動していた日本ニュー・ウェイヴバンドである。イタリア語の歌詞を用いベルカントを駆使したスタイルから「ニューウェイヴ・カンツォーネ」などと称された。

概要[編集]

1982年、当時、国立音楽大学声楽科の学生であった、ヴォーカルのかの香織を中心に結成された。翌年より桑原茂一原宿に開いた日本初のクラブ「ピテカントロプス・エレクトス」を中心にライヴ活動を行い、ニュー・ウェイヴ、ジャズファンクオペラ、カンツォーネなどさまざまなジャンルをミックスした音楽性で注目される。また、アート系のカセットブックである「TRA」において紹介され、1983年にはカセットアルバム『Cioccolata special』が同誌のスペシャル・イシューとして発表された。「TRA」の編集を行っていた写真家の伊島薫、美術家・デザイナーのミック・イタヤは、ショコラータのアルバムや宣伝物、舞台、ビデオのデザインにも参加していた。先鋭的なサウンドをアートやファッションとトータルに売り出す手法は、1990年代の渋谷系ミュージシャンを先取りしており、プレ渋谷系と呼ばれることがある。

1985年キングレコードよりアルバム『ショコラータ』、シングル『いつか見た青空』でメジャーデビューする。

1986年12インチシングル『L'alma bella - 美しき魂』発表ののち活動停止、メンバー個々の活動に移る。

曲目には、声楽科のレッスンで用いられる「イタリア歌曲集」から採られたものがある。「O del mio dolce ardor」のように原曲のまま演奏されることもあれば、「AMARILLI」「NINA」のように、大幅に翻案されたものもある。

メンバー[編集]

第一期[編集]

カノカオリ (ヴォーカル)
渋谷英広 (ギター)
岡野ハジメ (ベース)
渋谷、岡野はその後バンドPINKを結成する。
松本晃彦 (キーボード)
同時期に並行して活動していたバンドVIZIONがメジャー・デビューするにあたり脱退。
渡辺蕗子 (ピアノ、キーボード)
塚原卓 (サキソフォン)
市川マサズミ (ドラムス)

第二期[編集]

かの香織 (ヴォーカル)
現在ソロシンガーとして活動。
寺師徹 (ギター)
DEMI SEMI QUAVERTHE THRILL東京スカパラダイスオーケストラに参加。
横山英規 (ベース)
渡辺蕗子 (ピアノ、キーボード)
寺師、横山らとTHE THRILLを結成。その後MAGUMIいしだ壱成とVenus&Marsを結成。
塚原卓 (サキソフォン)
棚沢雅樹(ドラムス)
古田たかし(ドラムス)
Dr.StrangeLoveに参加(現在は脱退)。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Cioccolata special  (1983年・1997年CD化)
    • 初版はカセットマガジン『TRA』特別号として発売。
    • 1997年版はこれをリマスタリングの上でCD化。
  • Cioccolata  (1985年・1994年CD再発)
  • Cioccolata BOX  (1987年)
    • アルバム『Cioccolata』をもとに、シングル『L'alma bella』から3曲を加えたコンピレーション盤。
  • Encore! Cioccolata live 1985 (2005年)

シングル[編集]

  • いつか見た青空 (1985年)
  • L'alma bella - 美しき魂 (1986年・1997年CD化)
    • 12インチシングル。
    • 1997年版はシングル『いつか見た青空』より2曲追加。

ビデオ[編集]

関連人物[編集]