ショウ・ザマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ショウ・ザマは、アニメ『聖戦士ダンバイン』に登場する架空の人物。及びその主人公中原茂)。

なお、本項ではOVANew Story of Aura Battler DUNBINE』の主人公で、関連人物であるシオン・ザバについても併せて記述する。

概要[編集]

オーラバトラーダンバインのパイロット。ミ・フェラリオのチャム・ファウと行動を共にしている。同僚パイロットであるマーベル・フローズンとは両想いであるが、お互いなかなか言い出せない。

人物[編集]

東京都武蔵野市東吉祥寺在住の日本人で年齢は18歳。1965年生まれ。 漢字での表記は座間祥#名前の漢字表記を参照)。空手の心得がある。

仕事ばかりで妻子を顧みず秘書と愛人関係を持つ父、教育評論家でありながら息子を放任し理解もせず自分の地位にしか興味を示さない母と、家庭環境には恵まれていなかった。その代償として何でも買い与えられていたのか、大型高級ツアラーHONDA・ゴールドウイング・アスペンケード(第1話では車体に「HONDA」と書かれているが、第8話では「HENDA」となっていた)を日常の愛用バイクとしている。

両親に対する反動も手伝い、趣味のモトクロスに没頭していた。将来の夢もモトクロスレーサー。しかし、モトクロス仲間との交流は少なく、逆に金銭的充足を妬んでの嫌がらせを受けることも多かった。

モトクロスサーキットからの帰路、仲間からの嫌がらせを避けるためにアスペンケードで前方の車を飛び越そうとした所、突然オーラ・ロードが開き、海と陸の間にある異世界バイストン・ウェルへと召喚されてしまう。

杉山たかゆきによるTVアニメマガジン版ダンバインでは主人公らしい熱血漢タイプのキャラクターとなっている。味方を全て失った怒りのあまりにハイパー化し、スプリガンに特攻死するという原作とは大幅に異なる最期を迎える。

劇中での活躍[編集]

召喚後、アの国の地方領主ドレイク・ルフトの館「ラース・ワウ」に、同じく召喚されたトッド・ギネストカマク・ロブスキーらと共に聖戦士として迎えられ、騎士バーン・バニングス指導の下、ショットウェポンの開発した新型オーラ・バトラー ダンバインのテスト・パイロットとなる。その飛行訓練中、ドレイクの敵だと教えられたギブン家のオーラ・バトラーに襲撃され交戦、ミ・フェラリオのチャムや相手側の聖戦士で同じ地上人で聖戦士のマーベルに「お前を召喚したドレイクこそ、バイストン・ウェル制覇を目論む悪なのだ」と説得を受ける。その時点では拒絶するも、少しずつ自分の置かれた状況を把握するにつれ、やがてそれが事実であることを確信し、ダンバインと共にラース・ワウを脱出。ギブン家の長男ニー・ギブンが指揮するオーラ・シップ ゼラーナに身を寄せ、ドレイクの野望と対峙する。ショウとは異なり、そのままルフト家の禄を食む道を選んだトッドや、様々な確執の末、激しく憎まれることとなったバーンらとはライバル同士となり、幾度と無く剣を交える。やがて「ア」の国の兵士で交戦中のガラリア・ニャムヒーと共にオーラ・ロードを開いて地上界に出現してしまうが、そこで待っていたのは両親の冷淡な反応そして慣れない地上界に戸惑い迷走するガラリアだった。ガラリアと共にバイストンウェルへの帰還を果たそうとするが、完全に説得するまでには到らず、バイストン・ウェルへの帰還に際して喪ってしまう。

高いオーラ力を持ち、初期型オーラ・バトラーであるダンバインで多くの新型オーラバトラーを打ち破るが、性能の限界に苦戦していた際、嵐からナの国の女王シーラ・ラパーナを救ったことでその高いオーラ力を認められ、シーラから賜った新型可変オーラ・バトラー ビルバインに乗り換え、愛機ダンバインはマーベルに譲る。フェラリオの女王ジャコバ・アオンによるオーラマシンの地上界放逐後はナの国・ラウの国からなる連合軍の真の聖戦士として、バイストン・ウェルと地上界の平和のため獅子奮迅の活躍で戦い続けた。第43話ではマーベルを守る一心から2人目のハイパー化(ただし、他のハイパー化とは違い、オーラ力だけが光輝く巨大ビルバインへと分離形成)を果たす。マーベルとは相思相愛の関係ながら、恋愛関係にあるという明確な意志を互いに示さず行動をもって愛情を示す。シーラ・ラパーナからはビルバインを託すに足る真の聖戦士だと認められ、エレからは過去の経緯(放逐中のエレへの誠実な対応)もあって深い信頼を寄せられる。地上に舞台を移した戦いにおいてかつての同僚トッドや後に召喚されたジェリル・クチビとの戦いをも制する。しかし、最愛のマーベルは「ロンドンの戦い」で戦死させてしまう。

最終決戦終了間際、ビルバインを基本色の赤から夜間迷彩色に塗り替え、ショウに対する憎しみが昂じ、怨念の化身へと成り果てた黒騎士(バーン・バニングス)の魂を浄化すべく白兵で最期の勝負を挑み相討ちとなった。この戦いに際して共に戦い続けた相棒のチャム・ファウをビルバインから放り出してしまい、「シーラ・ラパーナ、浄化を…」という最期の言葉を残した。残存していたすべてのオーラマシンはシーラのオーラ力でバイストンウェルへの帰還を果たしたが、ショウの生死は不明。チャム・ファウは地上界に取り残され、彼女を救助した原子力空母にて自分の知りうる限りの物語を語った後、姿を消す。

その後、700年の時を経てシオン・ザバとして転生する。ゆえにシオンが駆るサーバインは、実質的にショウが駆る3機目の主人公機であるともいえる(OVA『New Story of Aura Battler DUNBINE』)。

なお、ゲーム『聖戦士ダンバイン 聖戦士伝説』では、ギブン家に寝返る機会を逃しドレイク側に協力し続けるルートや、主人公に憎悪を懐き仮面を被り「修羅」と名乗るルートもある。その場合は、ストーリー上で黒騎士の役割を果たす。

名前の漢字表記[編集]

放映当時のムック本である「聖戦士ダンバイン大事典 ラポートデラックス10」「ロマンアルバムエクストラ62 聖戦士ダンバイン 徳間書店」にはショウの漢字名の記述がなく不明瞭であったが、「祥」もしくは「翔」であるとされていた。

当時のアニメ雑誌でも情報の錯綜が見られ、『アニメック』vol29では「座間翔は新座市出身(?)」とあり、『月刊OUT』83年2月号では「本名 座間 祥」とあるが、実際の劇中に登場する実家の所在地は新座市でも神奈川県座間市でもなく、東京の吉祥寺である。

後年に発売された「聖戦士ダンバインノスタルジア」「聖戦士ダンバイン大全」でも「座間祥」とある。

シオン・ザバ[編集]

OVA『New Story of Aura Battler DUNBINE』に登場する架空の人物。同作の主人公で、ショウ・ザマが転生した姿。

ショウ・ザマは、黒騎士との戦いから700年後、コモン人のシオン・ザバとして転生する。狩人として生計を立てていたが、ミ・フェラリオのシルキー・マウを捕まえる。あることが切っ掛けで、ショット・ウェポンが造りしオーラ・バトラー「サーバイン」を手に入れ、黒騎士ラバーン・ザラマンドが駆るズワウスと戦うことになる。実質的に、ショウは再びバーン・バニングスと剣を交えることとなった。

ショット・ウェポンが700年に渡り保管していた核ミサイルが地上に向けて発射されようとしていた時、シオンはサーバインで核ミサイルを止めるために奮戦する。そして、自分の身体が朽ち果ててもなお死ぬことを許されないショット・ウェポンの魂も解放し、同時に黒騎士ラバーンとも決着をつけた。

レムル・ジルフィードと共に生き残り、その後の詳細は不明。