ショウジョウバカマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ショウジョウバカマ
Syoujoubakama.jpg
ショウジョウバカマ(北海道大雪山・2005年7月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Lilliopsida
亜綱 : ユリ亜綱 Liliidae
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: ショウジョウバカマ属 Heloniopsis
: ショウジョウバカマ H. orientalis
学名
Heloniopsis orientalis
和名
ショウジョウバカマ(猩々袴)

ショウジョウバカマ猩々袴、学名: Heloniopsis orientalis )は、ユリ科ショウジョウバカマ属多年草。北海道から九州までの、やや湿った場所に生える。垂直分布が広く、人里近くの田んぼ畦道から高山帯高層湿原まで生えている。

特徴[ソースを編集]

葉は広い線形でなめらか、根本から多数出てロゼット状に平らに広がる。花茎はその中から出て高さは10~20cm、先端に横向きに花が付く。花の色は生育場所によって、淡紅色、紫色、白色と変化に富んでいる。花期は低山では3~4月であるが、高山では雪渓が溶けたあとの6~7月になる。なお、花被は花が終わった後もそのまま残り、色あせはするものの、咲いたときの姿を残しているので、夏に緑の花が咲いている、といった姿となる。

繁殖は種子のほか、葉の先にできる不定芽によっても殖えることができる。

名前は、花が赤いのを猩々(中国の伝説上の動物のこと)になぞらえ、根生葉の重なりがに似ていることから名付けられたとされる。

葉の様子はノギランもやや似ているが、こちらは花が穂状に出る。

画像[ソースを編集]