シュヴィイ=ラリュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Chevilly-Larue
Blason Chevilly-Larue 94.svg

Chevilly-Larue Vue nocturne.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) イル=ド=フランス地域圏
(département) ヴァル=ド=マルヌ県
(arrondissement) ライ=レ=ローズ郡
小郡 (canton) ティエ小郡
INSEEコード 94021
郵便番号 94550
市長任期 ステファニー・ドーマン
2014年 - 2020年
自治体間連合 (fr) メトロポール・デュ・グラン・パリ
人口動態
人口 19,169人
2015年
人口密度 4522人/km2
住民の呼称 Chevillais
地理
座標 北緯48度45分59秒 東経2度21分12秒 / 北緯48.7663度 東経2.3533度 / 48.7663; 2.3533座標: 北緯48度45分59秒 東経2度21分12秒 / 北緯48.7663度 東経2.3533度 / 48.7663; 2.3533
標高 平均:m
最低:83m
最高:94m
面積 4.22km2
Chevilly-Larueの位置(フランス内)
Chevilly-Larue
Chevilly-Larue
公式サイト ville-chevilly-larue.fr
テンプレートを表示

シュヴィイ=ラリュChevilly-Larue)は、フランスイル=ド=フランス地域圏ヴァル=ド=マルヌ県コミューン

地理[編集]

県内におけるシュヴィイ=ラリュの位置

シュヴィイ=ラリュは、パリの南東約7kmに位置している。北はライ=レ=ローズ、北東はヴィルジュイフおよびヴィトリー=シュル=セーヌ、東はティエ、南はランジス、南東はフレンヌと接している。

町は、パリとリヨンを結ぶ主要道であるA6など、交通の交差地点である。

由来[編集]

Chevillyとは、ラテン語ヴィッラを意味するCiviliacum、ガロ=ローマ語のおそらくCivilisから派生している。1920年9月5日のデクレにより、単にChevillyであった地名は、集落の名を付け足してシュヴィイ=ラリュとなった。ロワレ県にある同名のコミューンとの区別をつけるためである[1]

歴史[編集]

サント・コロンブ教会

最初の教会は850年から900年の間に破壊され、司祭たちが再建を開始した。サント・コロンブ教会は15世紀に完成した。それは、かつて墓地であった教会囲い地に囲まれた、古い教会であった。ファサードはシトー会ロマネスク様式であった。鐘楼は13世紀に建てられた。教会は聖コロンブに捧げられた。教会は中世から現代まで場所を変わらずに残っており、毎年7月最後の日曜日に行われる聖コロンブ巡礼のさなかには大規模のコムギ祭りが開かれた。

15世紀初頭、ライ領主レーモン・ラギエは、臣民を住まわせるためにシュヴィイ集落を建設した。さらにサント・コロンブ教会の鐘楼が再建された。1709年、シュヴィイ教区には250人の住民がいた。シュヴィイは、教会の周りにあるシュヴィイの小さな町と、2つの離れた集落、ラ・リュおよび、小修道院のあるラ・ソーセイエから構成されていた。

ルイ15世治世下で、シュヴィイとラリュに邸宅と狩猟小屋が建設された[2]ポンパドゥール夫人のいとこ、バルテレミ・トワナール・ド・ジュイ[3]は聖職者たちが営んでいた古い農場を購入し、公園に狩猟用ロッジを建てた。しかし所有者は贅沢な生活を維持するための金がなく、負債のためリヨン近郊のピエール・アンシス要塞に幽閉された。彼の債権者たちは、ジュイの資産を1762年から1767年までモナコ公に貸し出していた。ナポレオン退位に関する交渉は、1814年4月4日と5日にかけ、シュヴィイのシャトーで行われた。

1845年から1858年にかけ、動物画家ローザ・ボヌールは数回にわたってシュヴィイに滞在した。

1870年の普仏戦争時、パリが包囲されていた際、村は幾度かの戦闘の舞台となった。

経済[編集]

ランジス公益市場(fr)は、世界最大級の生鮮食品卸売市場で、面積の2/3がシュヴィイ=ラリュ、残り1/3がランジスにまたがっている。

人口統計[編集]

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2015年
11458 16168 17687 16026 16223 18149 18622 19169

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[4]、2006年以降INSEE[5][6]

参照[編集]