シュヴァーベンジュラ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュヴァーベンジュラ山脈
Germany Tübingen Schwäbishe-Alb.jpg
テュービンゲン付近のシュヴァーベンジュラ山脈
最高峰 レンブルグ山 (1015m)
延長 220km
40~70km
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

シュヴァーベンジュラ山脈は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州にある低い山脈である。距離は南西から北東まで220km、幅は40~70kmである。シュヴァーベン地方にあることから名付けられた。 

シュヴァーベンジュラ山脈は、南東のドナウ川から北西のネッカー川上流部にはさまれた地域にある。南西部はシュヴァルツヴァルト(黒森)のより高い山地にいたる。最高峰は、レンブルグ山(1015m)である。山脈の形態は高原状であり、南東に向かって緩やかな下り勾配をなす。

経済や文化的には、シュバーベンジュラ山脈に、その周辺の山地も含める。ここは人気のレクリエーション地域である。

地質学的見地[編集]

山脈の地質はほとんどが石灰石である。それはジュラ紀に海底を形成した地層で、5000万年前に地表に現れた。 3種類の異なる石灰石の層があり、それらが堆積した時代は、黒いジュラ紀、茶色のジュラ紀、白いジュラ紀と呼ばれている。 白いジュラ紀の堆積物は99%が炭酸カルシウムであると考えられる。長い年月を経て、地下にカルスト地形を形成している。高原の表面には、川や湖などの地表水はない。

いくつかの場所には、過去の火山活動によって出来た、マールや丘などの痕跡が残っている。ネルトリンガー・リースは、1500万年前の巨大隕石によるクレーターである。

一定の雨および他の天候影響によって、全体の範囲はゆっくり浸食されている。毎年約2mm低下する。数百万年前、山はシュトゥットガルトに達していた。いくつかの場所は、固く浸食されにくく小さな山として残ったところもある。ところどころにある洞窟は観光スポットであり美しい。ボートでないと内部に入れない洞窟もある。地下の川から地表への水の放出も見事である。(例えば、ドナウ川の支流に流れ込むブラウトップ(Blautopf))

土は、あまり肥沃ではなく、腐植土の厚さは薄いところでは10cm程度である。多くの小さい石灰石の小石が地表にある。

景観[編集]

典型的なシュヴァーベンジュラ山脈の風景、コルンビュール山と山頂の礼拝堂(サルメンディンジャー・チャペル)

シュヴァーベンジュラ山脈のほとんどは森林におおわれているが、小規模な農業のために拓かれた場所も散在する。伝統的な景観は、トショウ(杜松)の低木がある草原である。今日では、あまり見られなくなってきた。けれども、バーデン=ヴュルテンベルク州により保護されている地域がある。

高い山は、1000mを越えるものが12ある。それらはみな、山脈の南西部のグローセン・ホイブルグ地方にある。

ホーエンノイフェン城[編集]

山頂の戦略的に有利な場所に建てられた山城廃墟であるが、レストランビアガーデン、売店などが置かれている。鉄器時代ラ・テーヌ文化においても戦略的拠点オッピドゥムが置かれた痕跡がある。

外部リンク[編集]