シュヴァルツヴァルド・シュタディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯47度59分20秒 東経7度53分35秒 / 北緯47.98889度 東経7.89306度 / 47.98889; 7.89306

シュヴァルツヴァルド・シュタディオン
Badenova-Stadion Nord-Osten.JPG
施設情報
所在地 Schwarzwaldstraße 193, 79117 Freiburg im Breisgau
開場 1953年
グラウンド 天然芝
旧称
ドライザムシュタディオン(1954年 - 2004年)
バーデノーヴァ・シュタディオン(2004年 - 2011年)
マゲ・ゾラール・シュタディオン(2011年 - 2014年)
使用チーム、大会
SCフライブルク(1953年 - 現在)
収容能力
24,000人

シュヴァルツヴァルド・シュタディオン (Schwarzwald Stadion) は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州フライブルクにあるサッカースタジアムブンデスリーガ1部SCフライブルクのホームスタジアムである。

1953年に完成。収容人数は24,000人。1993年、当時のフライブルク監督フォルカー・フィンケ主導で、スタジアムの屋根にソーラーパネルを導入。ドイツサッカー界では初の太陽光発電スタジアム(年間発電量25万kWh)[1]となり、環境都市フライブルクを象徴する施設となっている。

当初の名称はドライザムシュタディオン (Dreisamstadion)。2004年に地元のエネルギー会社バーデノーヴァ社が命名権を取得してバーデノーヴァ・シュタディオン (badenova-Stadion) と改称、2011年にラーヴェンスブルクのソーラーパネルメーカー、マゲ・ゾラール社が命名権を購入してマゲ・ゾラール・シュタディオンと改称される。2014年からシュヴァルツヴァルド観光会社をはじめとする複数のパートナーたちによって命名権が購入されて現在の名称になった[2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]