シュロップシャー・ブルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュロップシャー・ブルー
Shropshire Blue
Shropshire Blue.jpg
基本情報
分類 ブルーチーズ[1][2]
原料 牛乳
原産国 イギリス
原産地 シュロップシャーレスターシャーノッティンガムシャー
生産場所 酪農場
生産期間 一年中
形状 円筒状
大きさ 直径20cm、高さ22cm[3]。直径30cmのものもある[4]
重量 約8000g
脂肪分 45%以上
表皮 茶色(本文も参照)
熟成 8週間以上
テンプレートを表示

シュロップシャー・ブルー英語: Shropshire Blue)はイギリスシュロップシャーを原産地とする、牛乳を原料としたブルーチーズ。産地としては他にレスターシャーおよびノッティンガムシャーが挙げられる[2][3]

歴史はそれほど古くなく、発祥は1970年代のスコットランド、現在の商品とされたのは1981年であった[3]。当初の1970年代は、同じくブルーチーズのスティルトンの製法を持ち帰ったアンディ・ウィリアムソン (Andy Williamson) により作成され、当時の産地の名に由来してインヴァネスシャー・ブルー (Inverness-shire Blue)、またはその牧場の名をとってブルー・スチュワート (Blue Stuart) と呼ばれていた[4]。シュロップシャーなどで販売するため、マーケティングの理由のみでなんとなくシュロップシャー・ブルーと名づけられるようになった[4]。生産は1980年に一旦途切れたが、同年[4]、または翌年[3]再開し、これが現在のシュロップシャー・ブルーの開発年と見なされている[2][3]

形状は円筒状で、外観は茶色[2]もしくはオレンジ色[3]。若干の白カビも見られる[3]。内部はオレンジ色が主体でマーブル模様にアオカビが散っている[2]。このオレンジ色はアナトー色素によるものである[2]

低温殺菌乳を使用し[4]、熟成は最低8週間[2]または12週間[4]とされ、さらに12週間熟成することで風味を良くすることも可能[4]

アオカビの多いブルーチーズは味が強く個性が強いとされるが[5]、シュロップシャー・ブルーは「クリーミー」かつ「甘味」があり、一般向けの味をもつと評される[2][3]。食し方の例としては、ブラウンエール[4]、シェリー香のある(例えばマッカランのような)スコッチ・ウイスキーもしくはポートワインとあわせたり[2][3]、ハチミツをかけてそのまま食してもよいとされる[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り下記文献(本間, 増井 & 山田 2009)による。
  2. ^ a b c d e f g h i 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』182巻 (7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、206頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ a b c d e f g h i j 本間るみ子、主婦の友社編、 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年、98頁。ISBN 978-4-07-285215-6 
  4. ^ a b c d e f g h Shropshire Blue”. Teddington Cheese Company. 2014年10月13日閲覧。(英語)
  5. ^ 前掲 (本間 2012, p. 81)。

外部リンク[編集]