シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1864年のウィーン条約による領土変更を示した図。薄い青の部分がシュレースヴィヒ公国とホルシュタイン公国、および同じくデンマーク王が領主であったラウエンブルク公国。

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国は、ユトランド半島南部に位置したシュレースヴィヒ公国ホルシュタイン公国の併称。2国は合邦したことはないが、15世紀にデンマーク王家(オルデンブルク家)が両国の公位を継承したため、人的同君連合となった。

しかし、シュレースヴィヒ公国がそれ以前よりデンマーク王の封地であったのに対し、ホルシュタイン公国は神聖ローマ帝国の一部であった。さらに複雑なことに、16世紀半ば以後デンマーク王家は両公国を分家であるシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ家との共同統治とした(共同統治に当たった分家はもう1家あったが、早くに断絶した)。ゴットルプ家は共同統治者であるはずのデンマーク王家としばしば対立し、スウェーデンと同盟を結ぶなどの独自に動きを見せた。共同統治状態はシュレースヴィヒで1713年に、ホルシュタインで1773年に終了し、以後両公国はデンマーク王家による単独統治となった(ホルシュタイン公国の記事も参照)。

19世紀に入ると、両公国のドイツとデンマークの間での地位・帰属を巡り、さまざまな問題が発生する(シュレースヴィヒ=ホルシュタイン問題)。

19世紀後半に両公国は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州としてプロイセン王国に編入されることになる。

現在のデンマーク領南デンマーク地域の一部、およびドイツ領シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州に相当する。

関連項目[編集]