シュルハン・アルーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュルハン・アルーフ
Brockhaus and Efron Jewish Encyclopedia e9 327-0.jpg
著者 ヨセフ・カロ
発行日 1563年(ツファット)
1565年(ヴェネツィア)
ジャンル

聖典

ハラーハー
Flag of the Ottoman Empire (1844–1922).svg オスマン帝国パレスチナ
Flag of Most Serene Republic of Venice.svg ヴェネツィア共和国
言語 ヘブライ語
形態 文学作品
前作 Beit Yosef
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

シュルハン・アルーフ(Shulchan Aruch[1]ヘブライ語: שֻׁלְחָן עָרוּך[ʃulˈħan ʕaˈʁuχ]、「用意されたテーブル」を意味する)は、ユダヤ教における様々な法典の中でも最も広く参照されている書物。1563年にヨセフ・カロによってオスマン帝国パレスチナツファット(現在はイスラエル領)で著され、その2年後にヴェネツィアで出版された[2]

シュルハン・アルーフのページ。

脚注[編集]

  1. ^ Shulhan Aruch、Shulhan Arukhとも表記される
  2. ^ Codex Judaica, Mattis Kantor 2005