シュリラーム・ラガヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュリラーム・ラガヴァン
Sriram Raghavan
Sriram Raghavan
生年月日 (1963-06-22) 1963年6月22日(58歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ムンバイ
職業 映画監督脚本家
テンプレートを表示

シュリラーム・ラガヴァン(Sriram Raghavan、1963年6月22日[1] - )は、インド映画監督脚本家[1]。2004年に『Ek Hasina Thi』で監督デビューし、2007年に『Johnny Gaddaar[2]、2018年に監督した『盲目のメロディ〜インド式殺人狂騒曲〜』ではフィルムフェア賞 批評家選出最優秀作品賞英語版を受賞している[3]カウティク国際学生映画祭英語版の諮問委員を務めている[4]

生い立ち[編集]

ムンバイタミル人家庭の出身で、父親は植物学者だった。シュリラームはプネーの聖ヴィンセント高校を卒業後、ファーガソン大学英語版に進学して経済学を専攻した。大学卒業後、シュリラームはスターダスト誌英語版でジャーナリストとして働き、トレード・ガイド誌で1年間働いた後にムクル・S・アーナンド英語版のアシスタントとして映画業界に進んだ[5]。映画製作に興味を抱いたシュリラームはインド映画テレビ学院に進学して映像技術を学んだ[6]。同期生にはラージクマール・ヒラーニがいる[1]

キャリア[編集]

1987年にインド映画テレビ学院を卒業したシュリラームは1990年にムンバイに帰郷し、1991年にラグビール・ヤーダヴ英語版と共に短編ドキュメンタリー映画『Raman Raghav』を製作した[5]。その後は『CID』『Aahat』の脚本を執筆し、『First Kill』の脚本を執筆した際にアヌラーグ・カシャップ英語版を介してラーム・ゴーパール・ヴァルマ英語版と知り合った。ラームはアヌラーグから渡された『Raman Raghav』を鑑賞してシュリラームの能力を評価し[5]、自身がプロデュースする『Ek Hasina Thi』の監督にシュリラームを起用した。2007年にニール・ニティン・ムケーシュを主役に起用した『Johnny Gaddaar』を監督した。同作は興行的には失敗したものの、批評家からは高い評価を得た。

2012年に『エージェント・ヴィノッド 最強のスパイ』を監督し、サイーフ・アリー・カーンカリーナ・カプールが出演した。2015年に『復讐の町』を監督し、ヴァルン・ダワンナワーズッディーン・シッディーキーフマー・クレイシー英語版ヤミー・ガウタムディヴィヤ・ダッタ英語版が出演した。2018年に『盲目のメロディ〜インド式殺人狂騒曲〜』を監督し、アーユシュマーン・クラーナータッブーラーディカー・アープテーが出演している[7]

フィルモグラフィー[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]