シュムペルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュムペルク
Šumperk - Town Hall.jpg
シュムペルクの市旗 シュムペルクの市章
位置
シュムペルクの位置の位置図
シュムペルクの位置
座標 : 北緯49度57分55秒 東経16度58分15秒 / 北緯49.96528度 東経16.97083度 / 49.96528; 16.97083
歴史
創設 1269年
行政
 チェコ
 州 オロモウツ州の旗 オロモウツ州
 郡 シュムペルク郡
シュムペルク
市長 Zdeněk Brož
地理
面積  
  域 27.91 km2
標高 315 m
人口
人口 (2006年現在)
  域 28,401人
    人口密度   1,068人/km2
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
公式ウェブサイト : [1]

シュムペルクチェコ語:Šumperkドイツ語:Mährisch Schönberg)は、チェコ共和国オロモウツ州の自治体。『イェセニーク山地への入り口』と呼ばれている。歴史的なモラヴィア地方に属する。

歴史[編集]

1864年に描かれたシュムペルクの光景、マリツィウス画

1269年、シュムペルクはドイツ人入植者によってつくられた。ドイツ語名のシェーンベルク(Schönberg)とは"美しい丘"を意味し、シュムペルクはこれをチェコ語化したものである。

シュムペルクの町は一帯の中心地となった。町は通商路の途上にあり、銅山から利益を得ていた。15世紀まで、シュムペルクはモラヴィアの辺境伯の領地であった。ペトル・ゼ・ジェロティーナが町を買い上げ、カーテン状の壁を築いた。16世紀には、最高品質の布地の生産によって町の名は西ヨーロッパにも知られ、非常に裕福な町であった。町は所有者である貴族から町そのものを買い取り、王のみを所有者とする王立都市となった。しかし、プロテスタント同盟に与したことから三十年戦争で荒廃し、リヒテンシュタイン家領となった。

1669年の大火では244軒の住宅が焼かれる大惨事となった。17世紀後半には魔女裁判が町で開かれ、48人の男女が魔女として火炙りにされた。1930年の町の人口はおよそ12,000人、その1/4はチェコ人、残りはドイツ人であった。

1938年のミュンヘン協定によって、シュムペルクはドイツ国防軍に占領された。多くのチェコ人住民がベーメン・メーレン保護領へ追放された。ソビエト連邦の赤軍によって町は解放され、ドイツ人住民全てがドイツへ追放された。

プラハの春の最中の1968年8月21日、シュムペルク一帯はポーランド軍に占領された。同年10月3日、ポーランド軍はソビエト軍と交替した。ソビエト軍の駐留は、ビロード革命後の1991年まで続いた。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]