シュミット島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュミット島の位置
シュミット島

シュミット島(シュミットとう、ロシア語:Остров Шмидтаオーストラフ シュミーッタ英語:Schmidt Island)は、ロシアの最北部にある群島セヴェルナヤ・ゼムリャ諸島を構成する島の1つである。

地理[編集]

シュミット島は群島の北西にある小島で、面積は群島で5番目の467km2となっている。なお、島の沿岸はシュミット氷帽に覆われ、群島の他の島からは孤立しており、群島の最北の島でもある。島はロシアの探検家オットー・シュミットが最初に発見し、彼に因んで命名された。

外部リンク[編集]