シュポングル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シュポングル(Shpongle)はイギリスで活動しているラジャ・ラムサイモン・ポスフォードの2人からなるクラブミュージックアーティストグループ。

所属レーベルはTwisted Records。

民族的、宗教的音楽を特徴としたサイケデリックトランスアンビエントサイケ(psybient)を得意とし、民族楽器のサンプリングとシンセサイザーのミックスで作ることが多い。

1996年から本格的活動を始め、2005年にいったん活動を終了したものの、2009年に4枚目のアルバムとなる「Ineffable Mysteries From Shpongleland」を発売し、実質的に活動を再開している。

作品[編集]

スタジオアルバム[編集]

  1. "Are You Shpongled?" (1998年)
  2. "Tales of the Inexpressible" (2001年)
  3. "Nothing Lasts... But Nothing Is Lost" (2005年)
  4. "Ineffable Mysteries from Shpongleland" (2009年)
  5. "Museum of Consciousness" (2013年)

シングル[編集]

  1. "Divine Moments of Truth" (2000年)
  2. "The Crystal Skulls EP" (2001年)
  3. "Dorset Perception / Beija Flor" (2004年)

リミックス[編集]

  1. "Divine Moments of Truth" (2000年)
  2. "Shpongle Remixed" (2003年)

その他[編集]

  1. "Saudade Pt. II" (2001年)
  2. "The Seventh Revelation" (2002年)
  3. "Antarctica (and Alan Parsons)" (2003年)
  4. "Return To Tunguska (Featuring - David Gilmour)" (2004年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]