シュテファン・クレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュテファン・クレール(1900年頃)

シュテファン・クレールStephan Krehl, 1864年7月5日 - 1924年4月9日)はドイツの音楽教師およびロマン派音楽作曲家

経歴[編集]

ライプツィヒに生まれ、ライプツィヒとドレスデンで音楽を修める。1889年から1902年までカールスルーエ音楽院でピアノ音楽理論の教師となり、1902年から亡くなるまでライプツィヒで音楽教師を務めた。1921年から1924年までライプツィヒ音楽院院長の座にあった。主要な門弟に、ギュンター・ラミンルドルフ・マウアースベルガールドルフ・ヴァーグナー=レゲニーペーザー・グラムエドヴィン・カルステニウスステヴァン・フリスティチハインリヒ・シュターマーヨハネス・ヴァイラウフらがいる。ライプツィヒにて没。

教育者として『音楽教育概論』(Allgemeinen Musiklehre) などの著作を上梓したほか、作曲家としては約30曲のピアノ曲ヴァイオリン曲、クラリネット曲を手掛けたが、中でも《弦楽四重奏曲イ長調》作品18や《クラリネット五重奏曲イ長調》作品19といった室内楽曲で名を残している。

外部リンク[編集]