シュコダ・オクタヴィア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オクタヴィア (OCTAVIA) はシュコダが製造・販売する自動車である。

歴史[編集]

初代(1996 - 2005年)[編集]

シュコダ・オクタヴィア
Skodaoctavia99.jpg
製造国  チェコ
インドの旗 インド
 ウクライナ
 カザフスタン
ボディタイプ 4ドアセダン
4ドアワゴン
エンジン ガソリン:1.4/1.6/1.8/2.0L I4
ディーゼル:1.9L I4
変速機 5/6速MT
4/5速AT
全長 セダン:4,505mm
ワゴン:4,510mm
全幅 1,730mm
全高 セダン:1,430mm
ワゴン:1,450 -1,460mm
ホイールベース 2,510mm
プラットフォーム フォルクスワーゲン・Aプラットフォーム
-自動車のスペック表-

1996年に発売を開始。

なお、コンビ(ワゴン)は2代目が登場した後も生産は続けられており、西欧市場ではオクタヴィア・ツアー (Octavia Tour) と車名を変更して販売されている。


2代目(2004 - 2013年)[編集]

シュコダ・オクタヴィア
セダン 前期型
Skoda Octavia II silver vr.jpg
製造国  チェコ
ロシアの旗 ロシア
 ウクライナ
 カザフスタン
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
スロバキアの旗 スロバキア
インドの旗 インド
アンゴラの旗 アンゴラ
ボディタイプ 4ドアセダン
4ドアワゴン
エンジン ガソリン:1.2/1.3/1.4/1.6/1.8/2.0L I4
ディーゼル:1.6/1.9/2.0L I4
変速機 5/6速MT
6速AT
6/7速セミAT
全長 4,570mm
全幅 1,770mm
全高 セダン:1,470mm
ワゴン:1,490mm
ホイールベース 2,580mm
別名 シュコダ・ローラ(インド)
シュコダ・ファンタジア(エジプト)
プラットフォーム フォルクスワーゲン・Aプラットフォーム
-自動車のスペック表-

2004年に発売を開始。インドではローラ (Laura) の車名でオクタヴィア(初代)とともに販売されている。ボディタイプは先代に引き続き5ドアハッチバックとコンビの二本立て。後者にはスウェーデン・ハルデックス社のAWDシステムを採用したオクタヴィア・コンビ4x4もラインアップされている。また、オクタヴィア・コンビ4x4のクロスカントリー仕様となるオクタヴィア・スカウト (Octavia Scout) が2006年9月パリモーターショーで発表されている。オクタヴィア・コンビ4x4は最低地上高が標準モデルより24mm拡大されているが、スカウトではさらに16mm拡大されている(したがって標準モデルより40mm高いことになる)。

ワゴン 後期型


3代目(2013年 -)[編集]

シュコダ・オクタヴィア
Skoda Octavia III TDI Front.JPG
製造国  チェコ
ロシアの旗 ロシア
 ウクライナ
 カザフスタン
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
インドの旗 インド
アルジェリアの旗 アルジェリア
ボディタイプ 4ドアセダン
4ドアワゴン
エンジン ガソリン:1.2/1.4/1.6/1.8/2.0L I4
ディーゼル:1.6/2.0L I4
変速機 5/6速MT
6/7速AT
全長 4,660mm
全幅 1,815mm
全高 セダン:1,460mm
ワゴン:1,465mm
ホイールベース 2,680 - 2,685mm
別名 シュコダ・ローラ(インド)
シュコダ・ファンタジア(エジプト)
プラットフォーム フォルクスワーゲン・MQBプラットフォーム
-自動車のスペック表-

2013年に発売を開始。



関連項目[編集]

外部リンク[編集]