シャー・チェラーグ廟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャー・チェラーグ廟
Shah-cheragh.JPG
シャー・チェラーグ廟のパノラマ写真
基本情報
所在地 イランの旗 イラン, シーラーズ
座標 北緯29度36分34.58秒 東経52度32分35.88秒 / 北緯29.6096056度 東経52.5433000度 / 29.6096056; 52.5433000座標: 北緯29度36分34.58秒 東経52度32分35.88秒 / 北緯29.6096056度 東経52.5433000度 / 29.6096056; 52.5433000
宗教 イスラム教シーア派

シャー・チェラーグ廟 (ペルシア語: شاه چراغ‎)は、イラン, シーラーズに建設された霊廟であり、モスクである。シャー・チェラーグは「光の王」の意である。

霊廟の主は、シーア派十二イマーム派の第八代イマームであるアリー・リダーの兄弟であり、第七代イマームであるムーサー・カーズィムの子、ムハンマドとアフマドである。この二人は、アッバース朝シーア派迫害から、この町に移ってきた。

名前の由来[編集]

廟が光っていたことから、光源を探したところ、光を放つ墓が発見された。その中には、鎧をまとった遺体が収められており、al-‘Izzatu Lillāh, Ahmad bin Mūsā(この誇りは神のもの、ムーサーの子アフマド)というリングを帯びていた事から、この廟の名前の由来となった。

ギャラリー[編集]

元は普通の廟であったが、14世紀に芸術を好んだ Tashi Khatun皇太后によって、色が付いたを使ったモザイクデコレーションが施され、現在の姿となった[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界の絶景 教会&寺院 96p

外部リンク[編集]