シャーン・ブルック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャーン・ブルック
Sian Brooke
本名 シャーン・エリザベス・フィリップス(英: Sian Elizabeth Phillips、出生名)
別名義 Siân Brooke
生年月日 1980年
出生地 イングランドの旗 イングランド スタッフォードシャーリッチフィールド
国籍 イギリスの旗 イギリス[1]
身長 168cm[1][2]
職業 俳優
活動期間 2002年 -
テンプレートを表示

シャーン・ブルック: Sian Brooke[ʃˈɑːn] [brˈʊk][3]1980年[4] - )は、スタッフォードシャーリッチフィールド出身のイギリス女優。『オール・アバウト・ジョージ英語版』のローラ、『ケープ・ラス英語版』のロリ、『SHERLOCK』のユーラス・ホームズ[5]などの役柄で知られている。

日本では、ファーストネームをローマ字読みした「シアン・ブルック」表記も存在する[6]

幼少期と教育[編集]

ブルックは、シャーン・エリザベス・フィリップス(英: Sian Elizabeth Phillips)として、1980年スタッフォードシャーリッチフィールドで生まれた[4]。ブルックの両親はウェールズ出身の警察官教師で、彼女は3人きょうだいの末っ子である[7][8][9]。彼女はウェールズ出身の女優シアン・フィリップスとの混同を避けるため芸名を使い始め、イングランド内戦の際にリッチフィールドに駐屯していた将軍の名前を取って「ブルック」とした[7]。ブルックはリッチフィールドのフライアリー・スクール英語版に進学した[8]。11歳でリッチフィールド・ユース・シアター(英: The Lichfield Youth Theatre)に参加した後、ナショナル・ユース・シアター英語版のメンバーとなり、続いて王立演劇学校 (RADA) に進学して2002年に卒業した[1][8]

俳優としてのキャリア[編集]

本格的な俳優デビューは、ジェイムズ・ガーニーの『ダイノトピア英語版』シリーズを映像化した2002年のテレビドラマで、ブルックはクリスタ役を演じた[2][7]。他にも『フロスト警部』や『ホテル・バビロン』、『ザ・フィクサー英語版』などに出演している[7]。『オール・アバウト・ジョージ』 (All About Georgeでは主演のひとりであるローラ、『ケープ・ラス英語版』ではロリ・マクーゼ(英: Lori Marcuse[mækˈzə][10])を演じた[7]。ブルックは" Murder on the Homefront"、"A Pin to See the Peepshow" (en、"Dreaming in Africa" などのラジオドラマにも出演している[11]

ブルックは舞台演劇でも活躍している。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーでは "Poor Beck"、『夏の夜の夢』、『リア王』、『ロミオとジュリエット』などに出演した[11]。2008年7月から8月には、ジュード・ケリー英語版監督で上演されたミュージカル『オズの魔法使い』(サウスバンク・センター)で主演のドロシー役を演じた[12]。2011年にはロンドンアルメイダ・シアター英語版で、スティーヴン・ポリアコフ英語版の "My City"[13][14]ニール・ラビュートの "Reasons to be Pretty" に出演した[15][16][17][18]。2015年8月から10月にかけては、バービカン・センターで上演された『ハムレット』に出演し、ベネディクト・カンバーバッチと共演してオフィーリア役を演じた[19][20][21]

2017年、ブルックはテレビドラマ『SHERLOCK(シャーロック)』第4シリーズに出演し、ホームズ家の隠された妹ユーラスを演じた。シリーズ中ではユーラスが複数の人物に扮するが、オーディション時にはそれぞれ別の役と説明され、後から全て1役だったと明かされたという[22]。『デイリー・テレグラフ』に第3話の評価記事を載せたマイケル・ホーガンは、役について「シャーン・ブルックをスターに仕立て上げた」と評した[23]。同年には、シャノン・マシューズ誘拐事件英語版を題材にしたBBCのミニシリーズ『ムーアサイド英語版』に出演し、シェリダン・スミス英語版ジェンマ・ウィーラン英語版などと共演している[24]

私生活[編集]

ブルックは既婚であり、配偶者との間に2人の子どもを儲けている[2][25]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

題名 役名 備考 出典
2018年 ミッション:インポッシブル/フォールアウト
Mission: Impossible - Fallout
未発表 2018年夏公開予定 [26]

テレビ番組[編集]

題名 放送年 役名 放送局 備考 出典
ダイノトピア英語版
Dinotopia
2002年 - 2003年 クリスタ
Krista
ABC 5話、同名小説英語版のドラマ化 [2][27]
オール・アバウト・ジョージ
All About George (en
2005年 ローラ
Laura
ITV 6話 [28][29]
Under the Greenwood Tree (en 2005年 スーザン・デューイ
Dewy, SusanSusan Dewy
ITV テレビ映画
トーマス・ハーディ原作[30]
[31]
フロスト警部
A Touch of Frost
2006年 キャロル・ヘイマーシュ
Haymarsh, CarolCarol Haymarsh
ITV 1話 [32]
Housewife, 49 (en 2006年 イヴリン・エドワーズ
Edwards, EvelynEvelyn Edwards
ITV テレビ映画
刑事フォイル
Foyle's War
2007年 フィリス・ロウ
Law, PhyllisPhyllis Law
ITV 1話
ホテル・バビロン
Hotel Babylon
2007年 リサ
Lisa
BBC One 1話 [33]
ケープ・ラス英語版
Cape Wrath
2007年 ロリ・マクーゼ
Marcuse, LoriLori Marcuse
チャンネル4 8話 [34]
ザ・フィクサー英語版
The Fixer
2008年 メルローズ・キャシディ
Cassidy, MelroseMelrose Cassidy
ITV 1話 [32]
バーナビー警部
Midsomer Murders
2008年 クリスティーン・ターナー
Turner, ChristineChristine Turner
ITV 1話
コマンダー英語版
The Commander
2008年 マリアン・ランドール巡査
Randall, DC MarianDC Marian Randall
ITV テレビ映画 [35]
ドク・マーティン英語版
Doc Martin
2009年 クレア
Claire
ITV 1話 [36]
オレたち、ゆる刑事~ジャック&ケイト英語版[37]
Vexed
2010年 スージー・ミラー
Miller, SuzieSuzie Miller
BBC Two 1話 [38]
ニュー・トリックス〜退職デカの事件簿〜
New Tricks
2010年 アイリーン・ハリスン
Harrison, EileenEileen Harrison
BBC One 1話 [39]
Garrow's Law (en 2011年 アン・ハドフィールド
Hadfield, AnnAnn Hadfield
BBC One 1話 [40]
Silk 王室弁護士マーサ・コステロ英語版
Silk
2011年 アニー・レイドロウ
Laidlaw, AnnieAnnie Laidlaw
BBC One 1話 [41]
マン・ダウン英語版
Man Down
2013年 デイジー
Daisy
チャンネル4 1話 [42]
オックスフォードミステリー ルイス警部英語版
Lewis
2014年 ジェニー・ブライトウェイ
Brightway, JennieJennie Brightway
ITV 2話 [43]
ノット・セーフ・フォー・ワーク英語版
Not Safe for Wor
2015年 マルティン・マカッチョン
McCutcheon, MartineMartine McCutcheon[注釈 1]
チャンネル4 4話 [44][45]
SHERLOCK(シャーロック)
Sherlock
2017年 ユーラス・ホームズ
Holmes, EurusEurus Holmes
BBC One 3話 [46]
ムーアサイド英語版
The Moorside
2017年 ナタリー・ブラウン
Brown, NatalieNatalie Brown
BBC One テレビ・ミニシリーズ [47][48]
女医フォスター 夫の情事、私の決断英語版
Doctor Foster
2017年 シャーン・ランバート
Lambert, SiânSiân Lambert
BBC One 4話 [49]
グッド・オーメンズ
Good Omens
2018年 ディードリー・ヤング
Young, DeidreDeidre Young
BBC TBA [50]

舞台[編集]

作品名 役名 劇場 詳細日程 出典
Just a Bloke 2002年 リサ / Lisa ロイヤル・コート・シアター英語版 2002年11月7日 – 11月23日 [51][52]
The One with the Oven 2002年 サラ / Sarah [51][53]
Absolutely! (Perhaps) 2003年 ディナ / Dina ウィンダム・シアター英語版 2003年5月7日 – 9月13日 [54][55]
ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
2004年 – 2005年 ジュリエット英語版
Juliet
ロイヤル・シェイクスピア・シアター 2004年3月25日 – 10月8日 [56][57][58][59]
ノエル・カワード・シアター英語版 2004年12月16日 – 2005年1月8日
リア王
King Lear
2004年 – 2005年 コーデリア
Cordelia
ロイヤル・シェイクスピア・シアター 2004年6月14日 – 10月14日 [60][61][62][63]
シアター・ロイヤル (ニューカッスル)英語版 2004年11月16日 – 11月20日
ノエル・カワード・シアター 2005年1月13日 – 2月5日
Poor Beck 2004年 – 2005年 ミュラー
Myrrha
アザー・プレイス英語版 2004年9月29日 – 10月7日 [64][65][66]
ソーホー・シアター英語版 2005年3月11日 – 3月16日
Harvest 2005年 ローラ
Laura
ロイヤル・コート・シアター 2005年9月2日 – 10月1日 [67][68][69]
夏の夜の夢
A Midsummer Night's Dream
2006年 ハーミア
Hermia
シアター・ロイヤル (ノッティンガム)英語版 2006年2月11日 [70]
ハクニー・エンパイア英語版 2006年2月12日
セント・デイヴィッズ・ホール英語版 2006年3月25日
Dying City 2006年 ケリー
Kelly
ロイヤル・コート・シアター 2006年5月12日 – 6月10日 [71][72]
In the Club 2007年 – 2008年 サシャ
Sasha
ハムステッド・シアター英語版 2007年7月25日 – 8月25日 [73][74][75]
リッチモンド・シアター英語版 2008年2月12日 – 2月16日
フェスティバル・シアター (マルヴァーン)英語版 2008年2月18日 – 2月23日
ウィカム・スワン英語版 2008年2月25日 – 3月1日
シアター・ロイヤル (ブライトン)英語版 2008年3月3日 – 3月8日
ベルグレード・シアター英語版 2008年3月10日 – 3月15日
ニュー・シアター (カーディフ)英語版 2008年3月18日 – 3月22日
バースデイ・パーティ英語版
The Birthday Party
2008年 ルル
Lulu
リリック・シアター英語版 2008年5月8日 – 5月24日 [76][77]
オズの魔法使い
The Wizard of Oz
2008年 ドロシー
Dorothy
ロイヤル・フェスティバル・ホール 2008年7月23日 – 8月31日 [12][78]
カルタゴの女王ダイドー英語版
Dido, Queen of Carthage
2009年 アナ
Anna
ロイヤル・ナショナル・シアター 2009年3月17日 – 5月7日 [79][80]
Article 19 - Thrown 2009年 ロイヤル・コート・シアター 2009年7月3日 – 7月4日 [81]
Wanderlust 2010年 クレア・ウォルシュ
Walsh, ClareClare Walsh
ロイヤル・コート・シアター 2010年9月9日 – 10月9日 [82][83][84]
Joseph K 2010年 複数役
Various
ゲート・シアター英語版 2010年11月11日 – 12月18日 [85][86]
エクスタシー英語版
Ecstasy
2011年 ジーン
Jean
ハムステッド・シアター 2010年3月10日 – 4月9日 [87][88]
ダッチェス・シアター英語版 2010年4月12日 – 5月28日
My City 2011年 ジュリー
Julie
アルメイダ・シアター英語版 2011年9月8日 – 11月5日 [89][90]
reasons to be pretty英語版 2011年 – 2012年 ステフ
Steph
アルメイダ・シアター 2011年11月10日 – 2012年1月14日 [91][92]
タルチュフ
Tartuffe
2013年 エルミール
Elmire
バーミンガム・レパートリー・シアター英語版 2013年11月1日 – 11月16日 [93][94]
ハムレット
Hamlet
2015年 オフィーリア
Ophelia
バービカン・センター 2015年8月5日 – 10月31日 [95][96]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 役名はイギリス人女優・歌手のマルティン・マカッチョンと同姓同名である[44]

出典[編集]

  1. ^ a b c Sian Brooke”. Royal Academy of Dramatic Art. 2017年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d Sian Brooke on Hamlet, Parenthood and her studies at RADA (PDF)”. Royal Academy of Dramatic Art. 2017年1月17日閲覧。
  3. ^ Mission: Impossible 6 Casts Sherlock’s Sian Brooke(32s〜) - YouTube - 2017年7月1日閲覧。
  4. ^ a b Sian Brooke”. Sherlocked UK. 2018年4月30日閲覧。
  5. ^ Jefferies, Mark (2017年1月8日). “Who is Sherlock's sister? Actress Sian Brooke plays character at heart of biggest twist in hit show's history”. デイリー・ミラー. 2017年7月1日閲覧。
  6. ^ 『ミッション:インポッシブル』第6弾がパリで撮影スタート!”. シネマトゥデイ (2017年4月10日). 2017年7月17日閲覧。
  7. ^ a b c d e Fullerton, Huw (2017年1月17日). “Who plays Sherlock's Eurus Holmes?”. Radio Times. 2017年7月1日閲覧。
  8. ^ a b c “Sian's performances are praised as she works with the best in British theatre”. Lichfield Mercury. (2012年1月26日). オリジナルの2017年1月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170131193812/http://www.lichfieldmercury.co.uk/sian-s-performances-praised-works-best-british/story-15041681-detail/story.html 2017年1月18日閲覧。 
  9. ^ Whitfield, Lydia (2004年4月25日). “Revealed: Wales's top 50 single women”. Wales on Sunday英語版. 2009年8月20日閲覧。
  10. ^ 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “Marcuse”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 東京都文京区: 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  11. ^ a b National Theatre: Company Members: Sian Brooke”. National Theatre (2009年2月). 2011年8月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月1日閲覧。 “Radio:A Pin to See the Peepshow, Dreaming in Africa and Murder on the Homefront”
  12. ^ a b Gardner, Lyn (2008年7月30日). “The Wizard of Oz”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2008/jul/30/theatre2 2017年1月17日閲覧。 
  13. ^ My City”. アルメイダ・シアター英語版. 2017年7月1日閲覧。
  14. ^ My City, Almeida Theatre, London”. インデペンデント (2011年9月18日). 2017年7月1日閲覧。
  15. ^ Reasons to be Pretty”. アルメイダ・シアター英語版. 2017年7月1日閲覧。
  16. ^ Billington, Michael (2011年11月18日). “Reasons to be Pretty – review”. ガーディアン. 2017年6月1日閲覧。
  17. ^ Trueman, Matt (2011年11月18日). “Sian Brooke: The beauty of changing places”. The Stage英語版. https://www.thestage.co.uk/features/2011/sian-brooke-the-beauty-of-changing-places/ 2012年1月12日閲覧。 
  18. ^ Sierz, Aleks (2011年11月18日). “Reviews: Reasons To Be Pretty”. The Stage. http://www.thestage.co.uk/reviews/review.php/34271/reasons-to-be-pretty 2012年1月12日閲覧。 
  19. ^ Gardner, Lyn (2015年10月16日). “Benedict Cumberbatch's Hamlet comes into its own on the screen”. ガーディアン. 2017年3月30日閲覧。
  20. ^ Trueman, Matt (2015年8月26日). “London Theater Review: Benedict Cumberbatch in ‘Hamlet’”. Variety. 2017年3月30日閲覧。
  21. ^ PEARCE, TILLY (2017年2月14日). “Who is Sian Brooke? Natalie Brown actress in The Moorside who starred as Sherlock’s sister Euros”. ONE TO WATCH. ザ・サン. 2017年3月30日閲覧。
  22. ^ Jones, Paul. “Sian Brooke auditioned several times for Sherlock after being told that each of Eurus's disguises were separate roles”. Radio Times. http://www.radiotimes.com/news/2017-01-15/sian-brooke-auditioned-several-times-for-sherlock-after-being-told-that-each-of-euruss-disguises-were-separate-roles 2017年1月17日閲覧。 
  23. ^ Hogan, Michael (2017年1月17日). “Sherlock episode 3: The Final Problem, review: 'an exhilarating thrill-ride'”. The Daily Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/tv/0/sherlock-episode-3-final-problem-review-exhilarating-thrill/ 2017年1月17日閲覧. "a star-making turn from Sian Brooke" 
  24. ^ “Meet the cast of The Moorside”. Radio Times. http://www.radiotimes.com/news/2017-02-08/meet-the-cast-of-the-moorside-2 2017年2月8日閲覧。 
  25. ^ Mellor, Louisa (2017年1月13日). “Sherlock series 4: Sian Brooke on keeping her role secret”. Den of Geek!. 2017年6月28日閲覧。
  26. ^ Kroll, Justin (2017年3月3日). “'The Crown' Star Vanessa Kirby Lands Lead Role in 'Mission: Impossible 6' (Exclusive)”. Variety. http://variety.com/2017/film/news/the-crown-vanessa-kirby-mission-impossible-6-1202001666/ 2017年7月1日閲覧。 
  27. ^ Dinotopia”. TV.com. 2017年1月17日閲覧。
  28. ^ Sian Brooke”. TV Guide. 2017年1月17日閲覧。
  29. ^ Flett, Kathryn (2005年10月2日). “Comfort TV”. The Guardian. https://www.theguardian.com/theobserver/2005/oct/02/features.review47 2017年7月1日閲覧。 
  30. ^ Under the Greenwood Tree”. Ecosse Films. 2011年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月1日閲覧。
  31. ^ Under the Greenwood Tree Cast and Credits”. PBS. 2008年6月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月1日閲覧。
  32. ^ a b Siân Brooke”. British Film Institute. 2017年1月17日閲覧。
  33. ^ Hotel Babylon – second series coming soon to BBC One”. BBC (2006年12月20日). 2017年7月1日閲覧。
  34. ^ Terrace, Vincent (6 November 2008). Encyclopedia of Television Shows, 1925 through 2010, 2d ed.. McFarland. p. 676. ISBN 978-0-7864-8641-0. https://books.google.com/books?id=YX_daEhlnbsC&pg=PA676. 
  35. ^ Abduction (2008)”. British Film Institute. 2017年1月17日閲覧。
  36. ^ “Doc Martin”. Radio Times. http://www.radiotimes.com/tv-programme/e/5rkq/doc-martin--s4-e5-the-departed 2017年1月17日閲覧。 
  37. ^ オレたち、ゆる刑事 ~ジャック&ケイト - allcinema - 2017年7月1日閲覧。
  38. ^ Vexed, Series 1, Episode 1”. BBC. 2017年1月17日閲覧。
  39. ^ New Tricks, Series 7, Episode 4”. BBC. 2017年1月17日閲覧。
  40. ^ Garrow's Law, Series 3, Episode 1”. BBC. 2017年1月17日閲覧。
  41. ^ Silk, Series 1, Episode 2”. BBC. 2017年1月17日閲覧。
  42. ^ Brown, David. “Man Down”. Radio Times. http://www.radiotimes.com/tv-programme/e/cpsxb7/man-down--s2-e3-diversity 2017年1月17日閲覧。 
  43. ^ “Lewis”. Radio Times. http://www.radiotimes.com/tv-programme/e/c64xrt/lewis--series-8---3-the-lions-of-nemea---part-one 2017年1月17日閲覧。 
  44. ^ a b Sian Brooke interview for Not Safe for Work”. Channel 4 (2015年6月2日). 2017年7月1日閲覧。
  45. ^ Jones, Ellen (2015年7月21日). “Not Safe for Work, Channel 4 - TV review: A portrait of a generation of youngish professionals who stay out too late on work nights”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/reviews/not-safe-for-work-channel-4-tv-review-a-portrait-of-a-generation-of-youngish-professionals-who-stay-10405674.html 2017年7月1日閲覧。 
  46. ^ Gilbert, Sophie (2017年1月9日). “The Mystery of Sherlock's New Antagonist”. ザ・アトランティック英語版. https://www.theatlantic.com/entertainment/archive/2017/01/sherlock-the-lying-detective-eurus-review/512537/ 2017年7月1日閲覧。 
  47. ^ Sheridan Smith announced to star in new BBC One drama The Moorside Project”. BBC (2016年1月8日). 2017年7月1日閲覧。
  48. ^ “Sherlock, Broadchurch and the return of Christina Ricci: the best television shows in 2017”. The Daily Telegraph. (2016年12月27日). http://www.telegraph.co.uk/tv/2016/12/27/sherlock-broadchurch-return-christina-ricci-best-television/ 2017年7月1日閲覧。 
  49. ^ Francis, Pam (2017年9月3日). “Sian Brooke on joining BBC hit drama Doctor Foster: The writing is so strong”. Sunday Express. 2018年4月30日閲覧。
  50. ^ Gill, James (2017年9月22日). “Sherlock star Sian Brooke joins the frankly ridiculous cast of Neil Gaiman’s Good Omens”. Radio Times. http://www.radiotimes.com/news/2017-09-22/good-omens-cast-sherlock-star/ 2018年4月30日閲覧。 
  51. ^ a b Imprint: The Royal Court Young Writers Festival 2002”. London Theatre (2002年10月8日). 2017年1月17日閲覧。
  52. ^ Tour archive for Just a Bloke (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  53. ^ Tour archive for The One with the Oven (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  54. ^ Billington, Michael (2003年5月21日). “Absolutely! (Perhaps)”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2003/may/21/theatre.artsfeatures1 2017年7月2日閲覧。 
  55. ^ Tour archive for Absolutely!! (Perhaps) (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  56. ^ Orme, Steve. “Romeo and Juliet”. The British Theatre Guide. 2017年1月17日閲覧。
  57. ^ Billington, Michael (2004年12月22日). “Romeo and Juliet”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2004/dec/22/theatre 2017年1月17日閲覧。 
  58. ^ Tour archive for Romeo and Juliet (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  59. ^ Tour archive for Romeo and Juliet (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  60. ^ Billington, Michael (2004年7月1日). “King Lear”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2004/jul/01/theatre 2017年1月17日閲覧。 
  61. ^ Tour archive for King Lear (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  62. ^ Fisher, Philip. “King Lear”. The British Theatre Guide. 2017年1月17日閲覧。
  63. ^ Tour archive for King Lear (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  64. ^ Taylor, Paul (2004年10月18日). “The RSC New Work Festival, Swan Theatre and The Other Place, Stratford-upon-Avon”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/reviews/the-rsc-new-work-festival-swan-theatre-and-the-other-place-stratford-upon-avon-29341.html 2017年1月17日閲覧。 
  65. ^ Thaxter, John (2005年3月23日). “Poor Beck review at Soho London”. The Stage英語版. https://www.thestage.co.uk/reviews/2005/poor-beck-review-at-soho-london/ 2017年1月17日閲覧。 
  66. ^ Tour archive for Poor Beck (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  67. ^ Fisher, Philip. “Harvest”. The British Theatre Guide. 2017年1月18日閲覧。
  68. ^ Berkowitz, Gerald (2005年9月9日). “Harvest review at Royal Court London”. The Stage. 2017年1月17日閲覧。
  69. ^ Tour archive for Harvest (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月18日閲覧。
  70. ^ Tour archive for A Midsummer Night's Dream (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  71. ^ Gardner, Lyn (2006年5月19日). “Dying City”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2006/may/19/theatre 2017年1月17日閲覧。 
  72. ^ Tour archive for Dying City (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  73. ^ Billington, Michael (2007年8月6日). “In the Club”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2007/aug/06/theatre 2017年1月18日閲覧。 
  74. ^ Tour archive for In the Club (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  75. ^ Tour archive for In the Club (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  76. ^ Billington, Michael (2008年5月13日). “The Birthday Party”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2008/may/13/theatre1 2017年1月18日閲覧。 
  77. ^ Tour archive for The Birthday Party (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  78. ^ Tour archive for The Wizard of Oz (Musical)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  79. ^ Coveney, Michael (2009年3月26日). “Dido, Queen of Carthage, Cottesloe, National Theatre London”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/reviews/dido-queen-of-carthage-cottesloe-national-theatre-london-1654150.html 2017年1月17日閲覧。 
  80. ^ Tour archive for Dido, Queen of Carthage (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  81. ^ Tour archive for Article 19 (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  82. ^ Billington, Michael (2010年9月18日). “Wanderlust”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2010/sep/18/wanderlust-michael-billington 2017年1月18日閲覧。 
  83. ^ Benedict, David (2010年9月20日). “Wanderlust”. Variety. http://variety.com/2010/legit/reviews/wanderlust-1117943648/ 2017年1月17日閲覧。 
  84. ^ Tour archive for Wanderlust (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  85. ^ Jones, Alice (2010年12月3日). “Joseph K, Gate Theatre, London”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/reviews/joseph-k-gate-theatre-london-2149830.html 2017年1月18日閲覧。 
  86. ^ Tour archive for Joseph K (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  87. ^ Spencer, Charles (2011年3月16日). “Ecstasy, Hampstead theatre, review”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/theatre-reviews/8386464/Ecstasy-Hampstead-theatre-review.html 2017年1月18日閲覧。 
  88. ^ Tour archive for Ecstasy (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  89. ^ Spencer, Charles (2011年9月16日). “My City, Almeida Theatre, review”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/theatre-reviews/8767813/My-City-Almeida-Theatre-review.html 2017年1月17日閲覧。 
  90. ^ Tour archive for My City (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  91. ^ Billington, Michael (2011年11月18日). “Reasons to be Pretty – review”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2011/nov/18/reasons-to-be-pretty-review 2017年1月17日閲覧。 
  92. ^ Tour archive for Reasons to be Pretty (Play)”. 2017年1月17日閲覧。
  93. ^ Billington, Michael (2013年11月7日). “Tartuffe – review”. The Guardian. https://www.theguardian.com/stage/2013/nov/07/tartuffe-review 2017年1月17日閲覧。 
  94. ^ Tour archive for Tartuffe (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。
  95. ^ Cavendish, Dominic (2015年8月25日). “Hamlet, Barbican, review: 'justifies the hysteria'”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/theatre/what-to-see/benedict-cumberbatch-as-hamlet-barbican-review/ 
  96. ^ Tour archive for Hamlet (Play)”. UK Theatre Web. 2017年1月17日閲覧。

外部リンク[編集]