シャーンドル・エンマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にエンマ・シャーンドルと表記することもあります。

シャーンドル・エンマSándor Emma1863年3月17日 - 1958年11月22日)はハンガリー作曲家ピアニスト詩人、翻訳家。コダーイ・ゾルターンの最初の妻。コダーイ・エンマKodály Emma)の名でも知られる。

旧姓シュレージンガーSchlesinger)、のちシャーンドルSándor)と改姓。南部ハンガリーのユダヤ商人の娘。子供の頃から音楽に強い関心を示す。

ブダペストでグルーベル・ヘンリク(Gruber Henrik)と最初の結婚を経験。自宅に音楽家を集めてサロンにする傍ら、ドホナーニ・エルネに作曲を師事。1905年、ドホナーニの後任の作曲教師コダーイ・ゾルターンと出会う。エンマは19歳下のゾルターンと恋に落ち、最初の夫と離婚して、1910年8月3日、ゾルターンと再婚した。

作曲家としては歌曲やピアノ曲を残しており、今日なお評価が高い。才気煥発な女性で、バルトークを初めてコダーイと引き合わせたのはエンマだった。