シャープール4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャープール4世
𐭱𐭧𐭯𐭥𐭧𐭥𐭩
シャーハーン・シャー/アルメニア王
在位 420年(ペルシア王)
415年 - 420年(アルメニア王)

死去 420年
クテシフォン
王朝 サーサーン朝
父親 ヤズデギルド1世
母親 シュシャンドゥクト英語版
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

シャープール4世Shapur IV, パフラヴィー語: 𐭱𐭧𐭯𐭥𐭧𐭥𐭩 Šāhpuhr)は、サーサーン朝の君主(シャーハーン・シャー、在位:420年)およびアルメニア王(在位:415年 - 420年)。415年から420年までアルメニア王、420年にペルシア王として短期間統治した。

伝記[編集]

シャープール4世はヤズデギルド1世シュシャンドゥクト英語版の子として生まれ、バハラーム5世とナルセの二人の弟がいた。アルサケス朝のアルメニア王コスロヴ4世英語版が死去した際に、ヤズデギルド1世はコスロヴの甥のアルタクシアス4世英語版の代わりに長男のシャープールにアルメニアの王位を与えることを決めた。アルメニアでのシャープールの治世中、彼は和解に努力を傾け、貴族との友好関係を築いた。彼はキリスト教徒アルメニア人ゾロアスター教徒に変えるためにあらゆる努力を払ったが、ほとんど成功しなかった[1]

420年、ヤズデギルド1世がヒルカニア英語版のサーサーン朝貴族に殺害され[2]、シャープールはサーサーン朝の王位を主張するために、すぐにアルメニアを発ちクテシフォンに到着した。しかし、彼はヤズデギルド1世のすべての息子を排除しようとした貴族と神官に殺害されるまで短期間しか統治することができなかった[3]。シャープールの殺害後、貴族たちはサーサーン朝の王にバハラーム4世の子であるホスローを擁立した。

出典[編集]

  1. ^ Rawlinson 1882, p.278.
  2. ^ Nöldeke, p. 77 and 78
  3. ^ Bahrām V Gōr Encyclopedia Iranica. 2019年11月6日閲覧。

参考文献[編集]

  • Pourshariati, Parvaneh (2008). Decline and Fall of the Sasanian Empire: The Sasanian-Parthian Confederacy and the Arab Conquest of Iran. London and New York: I.B. Tauris. ISBN 978-1-84511-645-3. https://books.google.com/books?id=I-xtAAAAMAAJ 
シャープール4世

生年不詳 - 420年

先代:
ヤズデギルド1世
サーサーン朝の王の一覧
420年
次代:
ホスロー
先代:
ヴラムシャプー英語版
アルメニア王
415年 - 420年
次代:
アルタクシアス4世英語版