シャーフー (コールハープル藩王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャーフー
Shahu
コールハープル藩王
Portrait of HH Shahu Chhatrapati Mahara.jpg
シャーフー(1894年
在位 1884年 - 1922年
別号 ラージャ
マハーラージャ

出生 1884年2月22日
コールハープル
死去 1884年2月22日
コールハープル
子女 ラージャーラーム3世
父親 ジャイ・シング・ラーオ・ガートゲー
シヴァージー6世(養父)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示


シャーフー(, 1874年7月26日 - 1922年5月6日)は、インドデカン地方コールハープル藩王国の君主(在位:1884年 - 1922年)。

生涯[編集]

1874年7月26日ジャイ・シング・ラーオ・ガートゲーの息子として、コールハープルで誕生した[1]

1883年12月25日コールハープル藩王国の君主シヴァージー6世が死亡すると、翌1884年2月22日に後継者に選ばれ、戴冠式を行った[1]。また、同年3月17日にはシヴァージー6世の未亡人の妃に養子とされ、箔付けも得た[1]

1885年3月20日に生年に達するまで、シャーフーは摂政団のもとで統治した[1]

1900年5月24日、シャーフーはそれまでの君主の称号をラージャからマハーラージャに変えた[1]

1922年5月6日、シャーフーはコールハープルで死亡し、ラージャーラーム3世が藩王位を継承した[1]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]