TOHOシネマズシャンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
シャンテ・シネから転送)
移動先: 案内検索
TOHOシネマズ シャンテ
TOHO CINEMAS CHANTER
TOHOシネマズ シャンテ(2009年11月)
情報
正式名称 TOHOシネマズ シャンテ
旧名称 シャンテ シネ
完成 1987年
開館 1987年10月3日
開館公演 グッドモーニング・バビロン!(シネ1)
紳士協定(シネ2)
収容人員 (3館合計)618人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX(全館共通)、DTS(スクリーン1のみ)
用途 映画上映
旧用途 スクリーン3は元テレビスタジオ
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町1-2-2
位置 北緯35度40分24.4秒 東経139度45分37.9秒 / 北緯35.673444度 東経139.760528度 / 35.673444; 139.760528座標: 北緯35度40分24.4秒 東経139度45分37.9秒 / 北緯35.673444度 東経139.760528度 / 35.673444; 139.760528
アクセス 日比谷シャンテ向い
公式サイト 有楽町・日比谷 上映スケジュール(TOHOシネマズ)

TOHOシネマズシャンテ(とうほうシネマズ シャンテ、TOHO CINEMAS CHANTER)は、東京都千代田区有楽町のシャンテビル内にある映画館。経営・運営はTOHOシネマズ株式会社。

概要[編集]

日比谷映画劇場跡地に「シャンテ シネChanter Cine)」として2スクリーンで1987年10月に開業。隣接する東宝日比谷ビルと同時期に建築・計画された。同ビルとは地下階で連絡しており、名称から日比谷シャンテの付属施設と見なされる場合もあるが、TOHOシネマズへ移管されてからは映画館の運営は独立している。また、その東宝日比谷ビルとの連絡通路があるシャンテビル地下階には日比谷シャンテのテナント区画として使われている。

2009年2月3日よりTOHOシネマズ シャンテに館名変更され、全国のTOHOシネマズ名のシネコン同様にインターネット販売「vit」、ポイントカード「シネマイレージカード」が導入された。

単館上映と呼ばれていた映画館をミニシアターとして一般的に認知されるきっかけとなった映画館とされ、インディペンデント系の外国作品のうちアート的なもの、女性向きのものと、ミニシアター系配給会社による邦画作品を中心に上映している。また、年に数回ほど全国公開の東宝洋画系作品(TOHOシネマズ系)のチェーンマスターになることもある。

オープン当初はTBSサテライトスタジオも設けられており(厳密にはスタジオスペースをTBSが賃借し、スタジオ内の機材運用と管理を千代田ビデオが請け負っていた)、『新伍のお待ちどおさま』『平成名物TV』などの生番組を主に放送していた。サテライト - TBS本局間の映像伝送には、TBSと東京通信ネットワーク(後のパワードコム)が共同開発した、当時としては画期的なデジタル映像伝送システム(伝送速度は100Mbps)が使われていた。これは1994年頃に閉鎖され、1995年にスクリーン3へ改装されている。

2000年頃に日時指定券(全席自由席・定員入替制)制度を導入。2002年頃に1と2の館名を入替え。2005年6月4日から休館して改装工事を行い、同年7月9日にリニューアルオープンした。リニューアルオープン時に全席指定席(初回のみ全席自由席・定員入替制)が導入された。

入り口近くの日比谷シャンテ敷地内にある「合歓の広場」には、森繁久彌山田五十鈴池部良高峰三枝子三船敏郎森光子丹波哲郎小林桂樹淡島千景高峰秀子植木等若山富三郎高倉健勝新太郎仲代達矢菅原文太平幹二朗夏木陽介緒形拳八千草薫山本富士子有馬稲子池内淳子佐久間良子倍賞千恵子吉永小百合ら映画俳優の手形やゴジラのミニチュア像が置かれている。

2015年3月23日に、TOHOシネマズ日比谷が隣接する東京ミッドタウン日比谷に2018年オープンすることが発表されたと同時に、TOHOシネマズシャンテはTOHOシネマズ日劇とともに入れ替わる形で閉館するとされた。しかし2017年8月31日、日劇の閉館が2018年2月上旬と発表されたと同時に「~シャンテ」は閉館を撤回されている。これにより、2018年3月29日より「~シャンテ」も、すでに一体運営が発表されていたTOHOシネマズスカラ座・みゆき座とともに、16スクリーン、3500席超の日本最大級の映画施設群として運営されることとなる。ミニシアターの元祖の存続には喜びの声があがる一方で、施設の老朽化・旧時代化から新館へのラインナップ移行を望んでいた層もおり、この決定は賛否を呼んでいる。

座席数[編集]

スクリーン 座席数 車いす席 フロア 音響設備
1 224 1 4階 デジタル5.1ch
2 201 1 2階 デジタル5.1ch
3 190 1 地下1階 デジタル5.1ch
  • 座席数には車いす席数を含まない。
  • スクリーン1、2、3は、2009年以前はそれぞれ「シャンテ シネ1、2、3」という名称だった。

主な上映作品[編集]

シャンテ シネの開館番組のひとつだった『紳士協定』(監督エリア・カザン1947年)。主演のドロシー・マクガイア(写真左)とグレゴリー・ペック

シャンテ シネ時代[編集]

TOHOシネマズシャンテに館名変更後[編集]

外部リンク[編集]