シャルル=アメデー=フィリップ・ヴァン・ロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シャルル=アメデー=フィリップ・ヴァン・ロー(Charles-Amédée-Philippe van Loo、1719年8月25日 - 1795年11月15日)は18世紀のフランスの画家である。

略歴[編集]

北イタリアのリーヴォリで生まれた。18世紀に多くの画家を輩出したヴァン・ロー家の出身で、父親のジャン=バティスト・ヴァン・ローは肖像画家として有名であった。トリノやローマに父親と滞在し、父親から絵画を学んだ。

1738年にローマ賞を受賞し、南フランスのエクス=アン=プロヴァンスに滞在した後、1745年にパリに移った。1747年に王立絵画彫刻アカデミーに入会した。同じ年に宮廷画家、ミシェル・ルブランの娘と結婚した。

1748年から、ベルリンのフリードリヒ2世の宮廷の宮廷画家となり、七年戦争(1754-17630)中の1758年にフランスへの帰国が許された。戦争が終わった後1863年に再びベルリンに移り、1769年にフランスに戻った。その後もプロイセンの宮廷からは年金を与えられた。プロイセンでは主に肖像画家として働いた。

1770年に王立絵画彫刻アカデミーの教授となった[1]。教えた学生にはポーランド出身のアレクサンドル・クシャルスキらがいる。

作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Frédéric Chappey, Les professeurs de l'École des beaux-arts (1794-1873), dans Romantisme , 1996, no 93, p. 95-101.